FC2ブログ

プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私はスティル病を昨年発症しました。
この病気については勉強しつつありますが、
他の病気については何ひとつ知らない。

洗濯したパジャマやお茶を持って、
脳梗塞の父の病院に通うのが日課の、今日この頃。

脳梗塞は、血管が詰まる場所によって、症状はさまざまです。
父がいる病院は急性期病院なので、
症状が安定すれば、そう長い間はいられず、
リハビリの病院に転院することが決まっています。

ドクターからMRIの画像や、
首のエコー(動脈硬化の状態がわかる)のスケッチを
PCで見せてもらい、血管や脳の状態を説明していただきました。
脳の壊死した部分が白く光るMRI画像。

その後、ケースワーカーさんから転院についての説明もありました。

糖尿病や肝臓ガンを持っているので、
これらも含め、受け入れてくれる病院を探す、とのこと。
驚いたのですが
「病院を移ったら、その病院に入院中は、
前の病院では原則的に受診できない」
という決まりがあるそうです。
父の場合は糖尿病もガンも、カルテを送って
転院先にまるごとおまかせすることになります。

考えてみれば、当然かもしれない。
何かあったときに責任の所在がうやむやになるし、
複数の医師の方針が同じとは限らないし。
ただし、転院先に内科などがない場合は、
前の病院で診てもらっても良いらしい。

とにかく今はリハビリが優先。
ガンの手術を脳梗塞発症前に予定してましたが、
これはまだ大丈夫なので、とりあえず延期となりました。
糖尿病のインシュリンは、転院先で処方してもらいたいと希望。

今もリハビリはやっていますが、転院先では
「退院したあと、自宅での生活になじめるように」
起きてから寝るまでのことを重点的にやるとのこと。

私は、転院についてはわりと簡単に考えていたのですが、
リハビリ病院に転院については、色々と細かい決まりがあり、

・最終的には自宅で介護することが大前提
 (老人ホームなどに入れるなら、入院は許可されない)

・発症から2ヵ月以内に転院できなければいけない
(これは地域によって若干期間が違うかも・・・)

・リハビリ病院では、回復の限界がきたら退院
 最大5ヵ月間入院可能(場合によっては6ヵ月)
 だいたい2~3ヵ月で退院する場合が多い

・リハビリ病院、療養型病院、複合型病院など、色々種類はあるが
 リハビリ病院が一番入院できる条件が厳しく、
 また訓練もかなり厳しいので、「やっぱりゆるい所に・・・」と思っても
 どの病院でも待っている患者は多いので、
 そう簡単に再転院はできない
 順番待ちとなり、かなり待たされるので入れない人も多い
 慎重に決めた方がいい

長時間の話し合いとなりました。
説明を飲み込むだけで、もう頭がいっぱいです。

本人も回復する気はあるようですが、
今までも「退院すればこっちのもの」とばかり
タバコを一日中ふかし、お酒を足がもつれるほど飲んでいました。

度重なる入退院のたびにそれの繰り返し。

ガンと糖尿病を抱えた身で、何を考えているのか。

本人は「オレの病気とタバコや酒は関係ない」と言い切るので
家族・親族はあきれて「少し反省してください」と怒り気味です。

そして昨日
「やっぱり、ビールはいかんな。退院したら焼酎にしよう」
と言ってたそうで、母が怒り爆発で帰ってきました・・・

今までだって、ビール・焼酎・日本酒、全部飲んでたじゃん・・・
こっちが怒りのストレスで倒れそうですよ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。