FC2ブログ

プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「体調悪い」ばっかり書いているような気がして
恐縮ですが。

最近目の調子も悪く、しばしば白くかすむ。
こすると視界はクリアになるけど、またかすむ。

前にもこんなことあったような~。



思い出した。

4年位前のこと。

朝起きると目が開かなかった。
まぶたが、目ヤニみたいなもので
がっちりくっついている。
むりやり開くとまつげが全部抜けそうなので、
手探りで洗面所へいき、目を洗った。

「結膜炎かな?ものもらいかな?」と思ったけど、
痛くはないし、おかしいと思いつつ様子をみていた。

普通にしているときでも、だんだん目の前が白くなっていく。
ティッシュで目頭や目尻を押さえると、白っぽいものが付く。
全然良くならないので、眼科へ行ってみた。

先生「目から出るものが白い?黄色ではないですか?」
トリル「薄ーい黄色のときもあります。朝とか」

先生「ドライアイかも。目を酷使してますか?」
トリル「・・・していると思います」

ドライアイの検査をする。
下まぶたに水色の細い紙をはさまれる。
片目に3枚ずつ。
5分ほどそのままで待つ。

紙に涙がどれくらい沁み込むかで、涙の量を測るらしい。
しかし、この紙が眼球を刺激して少しチクチクする。
痛くて涙が出るので、計測に誤差が出ないかな?と思った。

他にも何か点眼して検査したけど
結果、ドライアイではなく

先生「マイボーム腺性結膜炎だと思います」

トリル「ま?まいぼ・・・?」

先生「涙の中には油分があって、
   この油分は涙の過剰な蒸発を抑える働きがあるんですが、
   この油分を分泌しているのが、
   まつげの根元にあるマイボーム腺です。
   あなたの場合、何かのきっかけで
   マイボーム腺から異常な量の油が分泌されてしまって、
   白い粘液状のものが出るようになったと思われます」

と、まぶたをひっくり返してみて

先生「腺が詰まったりすると、角膜が乾いて大変なことになるので、
   手術をする必要がありますが・・・」

ええーっ!

トリル「何でこんなことになったんですか?」

先生「これは体質でなると言われています・・・原因は不明です。
   治療法も特にないんですが・・・
   一応クラビットを出しておきますので、注してみてください。
   それから、他の人にうつることはありませんから」

肉を食べすぎないこと。
コンタクトはしばらくやめて様子をみること、などを指示されて
眼科を後にした。

夫にメールで報告すると、昼休みに返信が。

夫「マイボームぅ~?聞いたことないからネットで調べた。
  何かハムスターのことばっかり出てくるぞー」

ハムスター?
何でハムスター?ねずみの病気扱いか!
ムッとしながら、心配してくれた友達にメールする。

友達「何かねー、初めて聞く病名だから調べてみたら、
  『思春期の人がなりやすい』とか書いてあったよー。
  『思春期』だってー」

・・・ちょっと気を良くする。

しかし、今調べ直してみたら
「ハムスター、犬、思春期、更年期」

・・・動物はともかくとして、『更年期』

・・・もしかして、こっちだったか・・・

「お前『もしかして』って、
 『思春期』は図々しいだろう!」という夫の声が聞こえる。

今、調べ直した副産物として、
「便通を良くすると、治る場合があります」

またそれか・・・
私の長年の悩み。
便秘はやはり万病の元。

当時、目薬でいくらか良くなり、
しばらくすると白いものは出なくなって、
そのまま今まですっかり忘れていました。

が、今マイボームは再発したかもしれません。
視界が白くなるので、ちょっとわずらわしいですが、
腺が詰まらなければ、拭けば済むこと。
まつげの根元に
ほんの小さなプチッとしたものができることもあるけど、
いつの間にか取れてしまう。

スティルのように痛くはないのでまだいい。
治療法がないらしいので仕方ない。
あとは目薬で。

しかし、
スティルとかマイボームとか、聞きなれないものばかりの私の持病。
誰かに説明するのも、ちょっと難しい。
どちらも「原因不明
気付いてへこむ。
体の中で、何か混乱が起きているとしか思えない。

病気って、原因不明のものが多いのかな。
人体はまだまだ未知の領域が多いのですね。

スポンサーサイト

テーマ : ☆膠原病☆ - ジャンル : 心と身体

タグ : マイボーム クラビット 原因不明

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。