FC2ブログ

プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「体質改善」などと、
気の遠くなるようなことにチャレンジしてますが。

「規則正しい生活」「食事」「お通じ」は
当然意識するとして。

主に半身浴。
それから足を冷やさないこと。

は、課題です。

「冷え」は大変怖いもので、
冷えてないと思っても、頭の方と足の方では気温が違っており、
冷たいと思わなくても、たいていの人は冷えているとか。

上半身に着込むより、下半身を温かくして、
上下の温度差をなくした方が良いそうです。
足元が暖かいと、不思議なんですがイライラしません。

足の方から血液が心臓に戻るとき、
冷えていると、血流が悪くなって臓器に負担がかかる。

血流が悪ければ、老廃物もうまく運ばれなくて処理できない。
結果、体調が悪くなるということだそうです。

「頭寒足熱」という言葉もあり、
昔から分かっていたことではありながら、
現代はクーラーもあり、さらに冷えは深刻です。

冷えている自覚がないまま、病気になっていく。
思い当たることもあり、
はっきりと知ったときは、結構ショックでした。
スティルになったときはもう、
むこうずねがゾーっとするほど冷たかったし。

ところで、先日ワイドショーで、
デトックスフットバスが問題になっていたのを、ちらりと見ました。

   足浴器の告発!

   デトックスフットバスで
   「足の裏から毒素を排出」は本当か嘘か検証!

デトックスフットバスは、お湯に塩を入れ、
弱い電流を流してリンパや血液の流れを良くし、
有害重金属などの毒素を短時間で排出するもの・・・だそうです。

私は普通のフットバスも使ったことがなく、
冬はお風呂の縁に腰掛けて
服を着たまま足をまず重点的に温めてから、半身浴をしていました。

フットバスは「いいなあ」と思って、買おうかとも思ってましたが、
・けっこう大きいので、場所を取る
・手が痛いから、水を運ぶのが無理そう

の理由で、ためらっていました。
お風呂なら、泡は出ないけど重いお湯を運ばなくていいし。
(ジェット付きのお風呂ならいいですね)

エステなどで「デトックスフットバス」が流行っているようですが・・・

ネットで画像を見ると、塩?を入れたお湯の色が褐色に変わり
そしてもう、黒い浮遊物がウジャウジャと。

これが毒素?

・・・これは・・・ちょっと違うのでは・・・

足を入れてお湯が汚くなれば、かなりの衝撃です。

お湯の色の変わり方によって
 ○○色は肝臓が悪い とか
 ○○色はタバコを控えましょう とか
体の毒素の目安がある程度説明されていましたが・・・

素朴な疑問ですが、
この説明って、医師でもないのに大丈夫なんですか?
医師でももっと慎重に検査しますが・・・
「目安」ならば許容範囲?

「足の裏から毒素など出ない」という医師もいれば
「臨床で重金属が出たデータがある」という医師もいる。

実験で足とスプーンを別々に入れ、電気を通し
お湯の成分はどうか検証したところ

・・・ほとんど同じだった・・・

同じ?

毒素がばんばん出た!と信じてた人は
この結果に大ショックでしょう。

水溶液をを電気分解すれば、色が変わるのは
学校で実験したことがありますね。

入院していたときに見たフットバスは、
普通に泡が出るタイプのもので、
特に足がむくんでしまった患者さんに、ナースが用意してくれて
私はやったことはありませんでしたが
とても気持ち良さそうでした。

洗面所に置いてあって、使いたい人は自由に使えました。

ただの足湯だけでも十分気持ちよい。
足が軽くなるし、よく眠れます。

デトックスフットバスも、足湯としての効果はあるでしょう。
しかし「毒素排出」まで謳うと、これはいかがか?
ということになりますね。

ただ、あのお湯の色。
「こんなに出た!」(本当は水溶液の電気分解)という、
衝撃の確認がプラシーボ効果で
体調が良くなったような「気がする」こともあるかも・・・
いや、ないかな。

鼻パックで角栓がいっぱい取れたり、
前に事故で問題になった、火をつける耳アカ取りで
びっくりするほど耳アカが出れば
(正体は蜜ロウだったらしいけど)
見て気持ちよかったりすると思うから。

目に見える劇的な結果に、つい惹かれてしまうよね・・・
でも体質改善は、長い道のりを地道にコツコツと行くしかない・・・


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。