FC2ブログ

プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年5月最終週 
入院当日、ドクター軍団の怒涛の診察が終わった後、ハッと気付き、
のどの鎮痛剤はまだもらえないか、ナースに聞いてみる。

「そうですね~、聞いてきますよ」
ダメ元だ。まだ12時間はたっていないから無理かも。

ナースが戻ってくる。
「いいそうですよ!飲み薬と座薬、どっちがいいですか?」
パーッと世界が明るくなる。
ドクターKが神様に思える。

「飲み薬・・・をお願いします。
 あ、でも『診断に差し支えるから飲んじゃダメ』
 ってことだったんですけど・・・いいんですか?」

ナースは少し考えて、
「検査は明日の正午頃なんで、まあそんなに影響はないと思います。
 それに・・・そんなに痛いのでは安眠もできませんから」

そうですよね♪

ナースは枕元の後ろの壁に『検査の予定』の緑の札を立て、

「明日はCTスキャンです。
 CTの説明は今からY先生がなさいますので、
 わからないことや不安なことがあったら、聞いてください。
 ご納得されたら同意書にサインをしておいてください」

CTって同意書がいるんだ・・・昔もそうだったかなあ?
昔はなかったと思う。

ナースがロキソニンを持ってきてくれた。
手伝ってもらって飲んでいたら、ドクターY登場。
さっきドクターKの後ろで控えていた先生だった。
後でわかったが、研修医だそうだ。

「CTやったことありますか?いつごろ?何か疑問点などは?」
など質問に答え、
同意書は自分は今痛くて書けないので、
家族に代理でサインしてもらう。

ところで知らなかったが、ロキソニンは粒が大きい。
ただでさえのどが痛いところに、デッカイつぶ。
その上厚い。

ずーっとのどにひっかかっている感触が消えなくて、
ナースにのどの中を見てもらう。

「大丈夫ですよ」
大丈夫かな~。
のどで止まってて、胃に落ちてない感じがするけど。

夕ご飯をがんばって2口食べ、今日は勝手に消灯する。
さすがに体力も限界である。

夜中、汗だくで目が覚める。

お?のどの痛みが少しおさまったような。
筋肉も前よりは痛くない。
熱も下がったような気がする。
ナースコールをする。

「すみません、汗かいちゃったんで、着替えを手伝ってください」

体は少し楽になっても、点滴で繋がれているので腕が抜けないのだ。
しかし、この服何日着ていたのか。
相当・・・なことになっていると思う。

すぐ退院できるつもりでいたので、
家族にパジャマはいらないと言ってしまった。
(それは大きな間違いだったけれども)
病院のゆかたを借りて済まそうと思っていたので。

熱は36.8℃。半月ぶりの平熱だった。
そしてフラフラながら、トイレへ歩いて行けたのである。
薬の力だった。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。