FC2ブログ

プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GW中に部屋を(そこそこ)整頓し、
体調を立て直して、また仕事の日々が始まりました。

色々ありますが・・・
仕事中は体調がどうのこうのなんて考える暇はなく、
必死に取り組んで、気がつけば就業時間は終了。

じっとしているより、体温が上昇しているのがわかります。

事務なので、座っていることは多いですが、
電話は鳴りまくり、応対でしゃべりまくり、
お客様がいらっしゃれば、コーヒーの用意で歩く。

ファイルを探したり、コピーをとるために歩く。
私にとっては適度な運動で、ちょうどいいように思います。
体温が低いので、筋肉を動かすのがいいのでしょうね・・・
スポーツはちょっときついので。

仕事を始めたときは、ずいぶん使ってなかった頭が熱くなり、
脳がオーバーヒート気味でした。

急な刺激に脳が興奮して、
眠いのに眠れないときもありましたが、
今は慣れてきて、多分もう大丈夫です。

ここでストレスのお話もし、愚痴ってしまいましたが、
「どんな環境であろうと、仕事を教えてくださっているんだ!」と
考え方を変え、反省して、くよくよするのをやめようと思います。

励ましやアドバイスをくださった方々、ありがとうございました。
とても嬉しかったです。

---------------------------------------------ーーーーーーーーーー

最近とても暖かいですが、私はまだレッグウオーマーや
専用靴下の重ねばきをしています。
家にいるときは、ゆったりしたパンツの下に、綿の短パンも。

下半身が暖かいと、精神的に安定します。
上半身は、下に比べて少し薄着で。

若い頃は、冬でも下半身はストッキング一枚でスカート。
上半身はいっぱい着てモコモコだったりしましたが、
今はもう絶対無理ですね。
こういう着方が流行ってたのですが、
何も知らなかったとはいえ、無茶をしていたものです。

最近は眠るときも、下は重装備ですが、上は肌着一枚。
不思議なことに、上もいっぱい着るより、汗をかきます。

何回か試しましたが、やっぱり上が薄いほうが汗が出やすい。
朝起きると汗びっしょりで、びっくりします。
でもその「汗びっしょり」が不愉快でなく、なかなか爽快です。

「上半身と下半身の温度に差がない方が、血液はよく流れる。
 下の方は上に比べて温度が低く、冷えやすいので、
 下半身を温めるとバランスが良くなる」

・・・と「冷え取り」の本にあったので、実践しているのですが、
これは実感します。

去年の今頃はスティル発症で絶不調でした。
同じ季節は緊張しますが、今年乗り切れば、
少しは体にも心にも自信がつくでしょうか・・・?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。