FC2ブログ

プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


レントゲンを撮る。
寝たままの状態でレントゲンを撮るのは初めてで、
なかなか大掛かりだった。
技師さんは大変だったと思う。

心電図も取り、ああやっとベッドで一息つけると思ったが、
耳鼻咽喉科も追加された。

痛さに悲鳴をあげつつ車イスに移され、
室内では専用のイスに座るため、ナースの手を借り、
時間をかけて少しずつ足をひきずるように歩く。
普通ならほんの2歩位の距離を。

鼻からスコープを入れる。スコープはまぶしいほどのライトつき。
管が鼻からのどの方へ下りて行くのがわかる。

オエッ、とかなったらどうしよう?
昔、胃カメラがなかなか飲めなかったので、
飲むカメラ系は苦手である。
しかし思ったよりもスムーズに済み、
モニターにのどの様子が映ったようだ。

モニターは私の体の斜め後ろだったので、見えない。
耳鼻咽喉科のドクターはモニターを眺め、
「のどの奥が赤いね。痛いのはどのへん?」
首の真ん中辺りを示すと、
「うん、そのあたりだね」

奥の方なら、口をあけただけでは見えない。
やっぱり赤いでしょ?そうでしょ?
すごく痛いから何か異常がないとおかしいでしょ?
と、異常があることを認めてもらって安心する。

異常があって安心するのも変だけど、
何かないと病名がわからないし、薬も出してもらえない。
とにかく変な方向に必死だった。

ここでこの赤いのが何かということは、まだ判断できず、
とりあえず病室に入ることになる。

4人部屋にひとり、患者さんがいた。
挨拶をして、痛がりつつベッドに移動。
ベッドは今までの簡易ベッドと違ってとても柔らかく、
心からホッとする。

ナースが、インフルエンザにかかってないか検査するため、
鼻の穴に綿棒のようなものを入れてグリグリし、
すぐに持って出ていく。
これは入院時の決まりらしいですね。
結果、インフルエンザは陰性。

入院のとりあえずの手続きを家族が終えて、
ベッドまわりを整えてもらったりしているうちに、
ドクターがふたり現れた。
話すのはおひとりで、もうひとりは後ろで控えて聞いている様子。

主治医ドクターK。

「かなり痛いようですね。これから色々と検査していきます」

熱はいつからとか、既往症、関節が痛いのか、筋肉はどうか、
入院したことはあるか、その時は何の病気だったか、
アレルギーはあるか、など。

「ちょっと体を見せてください」
カーテンが引かれ、体全体を見てもらう。

Dr.K「あごの下のリンパ腺がちょっと腫れてます。
   ところで顔のささくれのようなものは、前からありますか?」

顔のささくれ?何それ?
鏡を見せてもらう。

彫刻刀のUの字の刃で彫ったような、へこんだ赤いささくれが、
眉のまわりや目のまわりなど、顔の上半分に無数にある。
びっくりした。

トリル「これは全然気が付きませんでした・・・
  ずうっと鏡を見てなかったので・・・
  前からあったものではありません」

Dr.K「それから、この腕のピンク色の発疹はいつからですか?
   鎖骨のあたりにもありますね。かゆいですか?」

その発疹、救急処置室でも聞かれたものだ。

トリル「一週間位前からあったように思います。
   でも汗をかいても拭けなかったので、
   あせもか何かだと思ってました。
   特にかゆくはないです」

ドクターKは「あせも?」と少し苦笑いをし、
「あせもではないと思いますよ。皮膚科の先生を呼びます」

しばらくして、皮膚科のドクターがベッドに現れた。

ドクターKのほか、さきほどの控えていたドクター、
入院を決めたドクターも一緒にいらしたようで、
ナースも含めベッドのまわりは白衣で埋まり、
すごい威圧感と迫力である。

皮膚科のドクター
「ちょっと見せてね~」

腕を見、背中を見、首のあたりを見て、
「う~ん・・・ちょっと背中を引っかきます。我慢してね」
小さなゴムのようなもので、
発疹の出来ていないところをサッと引っかいた。
そのときは、なぜこんなことをするのかわからなかった。

そして次の日から精密検査を行うことになる。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |