FC2ブログ

プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
じんましんと湿疹で病院に来ました。
スティルと何か関係があるのか、考えたのですが、
やっぱりわからず。

どの科で診てもらおうかと悩んだ末、
結局皮膚科へお願いしました。
窓口で
「半年ほど前、神経内科に入院してました。
 そのときに皮膚科にもお世話になったので、
 ○○先生でお願いします」と告げて・・・

懐かしい皮膚科の○○先生。
先生「おお、久しぶりだねえ。どう、調子は?」

トリル「おかげさまで、少し体が痛い位で、生活は大丈夫です。
  ありがとうございます」

先生「で、今日はどうしたの?」

湿疹が増え、じんましんが出てかゆくてたまらないことを話し、
背中を診てもらいました。

先生は
「おっ?」と小さな声でつぶやき、

先生「・・・水疱瘡は・・・やったよねえ?・・・」

トリル「はい」(やっぱり水疱瘡に似ているのか・・・)

私が説明したことから先生が想像なさった湿疹は
もっと小規模だったらしく、
このひどさが予想外だったようでした。

先生「う~ん・・・じんましんは?今出てない?」
トリル「出てませんが、昨日ケータイで写真を撮ったので、
  見ていただけますか?」
先生「いいよ。見せて」

ふーん、と写真を見て、カルテに何かを書き込み、
先生「飲み薬と塗り薬を出しておくから。
   まだスティルで病院にかかってる?いつ?
   その日と同じ日に予約入れるから、薬使ってみてまた来て」

トリル「今はリウマチの疑いで整形外科に変わりました。次は○日です。
  あっ、塗り薬はゲンタシンですか?
  だったらまだありますが」

スティルでもらったときのが、まだ残っている。

先生「ゲンタシンがあるなら、それでいいよ」
トリル「はい、ありがとうございました。
  これってスティルと何か関係があるんでしょうか?」
先生「・・・ない・・・と思うけど・・・。今、何か症状はある?」
トリル「夕方、熱が出たりとか・・・微熱ですが。
  だるかったりします」
先生「そう。続くようなら、
  もう一回スティルの先生に診てもらったほうがいいよ」

お礼を言って、診察室を出る。
飲み薬はアレグラとジルテックだった。

私は今まで色々な皮膚科にお世話になったが、
診察されてすぐに
「これは○○という皮膚病だね」と即答されたことがあまりない。
じんましんは、ネットで色々調べたところ、
原因不明のことが多いらしい。
がんで出ることもあるという。

湿疹も、血液検査などで精密に調べなければわからないのだろう。
検査でもわからないこともあると思うけど。
内臓の病気からも出ることがあるようだし、
原因を突き止めるには、時間も手間もかかる。

私の勝手な想像だけど、まず薬をだして、
引くかどうか試しにやってみる感じなんだろうなと思った。
それで引けばとりあえずOK。
引かなければ検査。・・・じゃないかな?

とにかく、ものすごくかゆいのががまんできないので、
とりあえず!
とりあえずそれだけでも薬で治まれば、と思っていました。

しかし、「とりあえず皮膚疾患が引けばOK」が
”本当にOKか”を、あとでじっくり考えることになりました。

スポンサーサイト

タグ : スティル じんましん 湿疹 アレグラ ジルテック

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。