FC2ブログ

プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
救急処置室から神経内科へ移動。
内科の処置室は、ベッドが5台くらいあった。

ドクターが入れ替わり立ちかわり入ってきて、私の状態を聞く。
ドクターはいったい何人いるんだろう。
もう、この激痛を一刻も早く何とかしてほしいあまり、
かみつくように訴える。
「今はのどが特につらい!
 これとりあえず何とかならないんですか?」

そのたびドクターは
アイスクリームの木ベラの長いもののような道具と
ペンシルライトでのどを覗き込み、
「あ~、のどの入り口のところが少し赤いね」

・・・少し?少しなんて、そんなわけあるかー!!!
風邪のときと比較にならない位痛いんだー!!!
めちゃくちゃ赤くなってなきゃ、納得できないー!!!

つばを飲み込むだけで、いちいち暴れたくなる。
というか、
飲み込むたびにカミソリで切り付けられているような痛みが走るので、
実際のどを押さえて左右に転がりまくる。
動くと体が痛いので、左右に1センチ幅位だと思うけれども、
痛いと反射で体は動き、今度は体の痛みでうめく。

つばを飲み込まなければいいのだけれど、
人間は日ごろ無意識に何回もつばを飲み込むようにできているらしく、
つばは口の中にすぐにたまる。

飲み込みたくないなら吐き出すしかなく、
ナースに頼んで容器を持ってきてもらう。
しかし体が痛くて頭が上がらないので、その容器もうまく使えない。

今日は病院がとても混んでいるらしく、
ドクターは次々と見にきてくれるのだけれど、
これといった処置はされない。
状態を聞くだけである。

もうナースも含め、口を5回はあけて診てもらった。
いつまでここで待たされるのか、さすがに精神的にへこたれてくる。
救急車で運ばれてきて、もう何時間たったのか。

次に現れたドクターに、必死に訴える。
「体が痛いのはまだ我慢できますが、のどを何とかしてください。
 鎮痛剤か何かいただけませんか?」
ドクターは少し困った顔で
「今、薬を飲んじゃうと、病気の判定が正確に出来なくなるんですよ。
 もうちょっとがまんしてね~。
 薬はね、そうだな~、12時間後なら出せると思うよ」
と去って行ってしまった。

12時間後!果てしなく長い時間だけれど、
そう言ってくださるのならがまんできる。
楽になれる時間が具体的にわかっただけでも、少し気が楽になる。

同じドクターが再び現れた。
「歩ける?歩けないか・・・まあ入院しかないですね」
とまた去って行く。

入院!

入院か~、まあそうさせてもらうしかないだろうと思ってはいた。
家に帰っても、ごはんはのどを通らないし、歩くことも困難だ。

どれくらいの時間がたったのかわからないけれど、ナースが来て
「入院が決まりました。今ベッドを用意してます。
 ご家族の方と移動を。
 その前にレントゲンと心電図を撮っていきます」

待ってましたよ~。ホッとして涙が出そうになる。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。