FC2ブログ

プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
図書館で見つけた本は、赤い背表紙だったように思います。
お医者さんではない、(多分)一般の人が書いたようです。

「冷え」はなぜ良くないか
とか
「冷え」がどういう体の不調を起こすか

などが書いてありました。。
それが、ストンと腑に落ちたのです。
私の不調はもしかしてこういうことかと。

で、どうしたらいいか。

足元を温める。
上半身との温度差がないようにする。

など、色々書いてありました。

その本を参考にして、自分もやってみました。

紹介されている靴下を重ねて履くこと。
私は夏に2枚、冬は4枚履きました。

一枚目は絹、2枚目は木綿かウール、
3枚目は絹、4枚目は木綿かウール
とかわりばんこに履いていきます。

こういう靴下を専用に作っているところが紹介してあったのです。
重ねて履けるように、工夫してあります。
そこで、ものは試しと買ってみました。
絹100%のレッグウオーマーも、そこのを買いました。

なぜ絹か?というと、絹は体の毒素を吸い取る力が強いとか。
吸い取って、外に出すことも優れていると。

木綿やウールも毒素を吸うことは吸うけど、
外に出す力は絹ほどではないとか。

で、順番にはいて、だんだん毒素を外へ出す、と、
こういう理屈でした。

正直「本当か~?」と思いましたが、
興味を惹かれたのは、
「体の悪いところの足裏のツボに当たっているところから、
絹は傷んで破れる」
というところでした。

ほお~、面白い。
目に見えてわかるところが面白い。

フットバスで「毒素を出す」というのも流行っておりますが、
これには賛否両論あり、
「足から毒素を出すなど、医学的な証拠がない」との論も、
ネットで読みました。

何が正しいのかわかりませんが。

私は「とりあえず、足が温かければよい。
毒素うんぬんはまた考えよう」(?)
ということで、とにかく足を冷やさないようにすることだけ
がんばることにしました。

スポンサーサイト

タグ : くつした

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。