FC2ブログ

プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
薬剤師さんが部屋を訪れた。
今回もまた前の人と違っていた。ベテランぽい年の男性である。

「プレドニン持ってきました。これは最終分でーす」
と、明るく言ってイスにどっしり座り、ペンを握る。

え?薬を持ってきただけじゃないの?

「病気の説明からしますね」

免疫のしくみや好中球、リンパ、
それがステロイドによってどうなるかまで、
図に描いて丁寧に説明する。
この病気が痛い理由、
そして、どうしてプレで副作用が起こるかまで話してくれた。

わかりやすい!すごい!
感動してお礼を言う。
難しいことをシロウトに分かりやすく説明するのって、
ワザが要るものである。

去り際に思いついて、ひとつ質問をしてみた。
トリル「漢方薬でスティルに効くものはあるんですか?」

薬剤師「スティルにはどうかわかりませんが、
    漢方で『蟻がリウマチの症状を軽減する』
    というのはありますよ。
    おすすめするわけではないんだけど」

アリ?!アリってあの虫のアリですか?

薬剤師「そのへんにいる日本の蟻を、
    そのまま飲んじゃいけませんよ(笑)
    
    違う種類の蟻を粉末に加工してあるんです。
    そういうデータもあるということだけ、
    頭の片隅に置いておいてもらってもいいかと。
    でも先生が処方されるわけじゃないので、
    自己責任になりますよ」

そうなんだ・・・ありがとうございます。

薬剤師さんが行ってしまった後、マナさんに聞いてみる。
「ねえマナさん、知ってた?アリって」
マナさんは漢方薬に詳しい。

マナ「知ってるよ。本当にそういう薬はあるよ」

あるんだ~。へえ~。へえ~。
漢方って奥が深いわ・・・

マナ「ねえねえそれより、
  さっきトイレから帰ってくるとき見たんだけど、
  ドクターKがさっきの薬剤師さんに、
  廊下の隅でプレドニンのこと、一生懸命聞いてたよ。
  
  糖尿病騒ぎで、プレドニンの副作用の詳しい説明を
  ドクターKが薬剤師さんに頼んだんじゃないの?」

と、マナさんは笑っている。

マナ「糖尿病はドクターKの専門じゃないし、
  専門医にお願いするほどの数値でもなかったしね。
  知ったかぶりで薬の説明するより、かっこいいよね。
  ちゃんと頼むところがかわいいわ」

マナさんはニコニコと言う。

ドクターK、ありがとう。ちゃんと聞いてくれて。
不安を解消してフォローしてくれるドクターKを、
私は心から信頼しています。

スポンサーサイト

タグ : アリ 漢方

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。