FC2ブログ

プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年5月最終週 
病院へ行った次の日の調子は良かった。
このまま治ると思ったが、翌々日のどが痛くなりはじめる。

ウイルスということだし、体がやっぱり弱ってるなあと・・・
寝ていたけれど、だんだん体が痛くなってきた。
筋肉が痛い。
痛みは急激で、寝返りも打てない。
体がこわばり、布団すら自分でかけられなくなっていた。

のどの痛みも激しくなり、食欲はそこそこあるけれど、
ものが飲み込めない。
こんなにものどが痛いのは初めてだった。

熱は39.1℃。
歩くのもだんだん困難になり、トイレに行くのが本当につらかった。

ベッドから立ち上がるのに、30分位はかかったと思う。
全身の筋肉が痛いので、
立ち上がるときに、どこにも力をいれることができない。
だからトイレに行くのには、
せっぱつまらないうちから立ち上がる準備をした。

もう、動く用事はトイレのみ。
頭の中もトイレのことばかり。
お風呂はもちろん、着替えも何日もしていない。
歯も磨いてないし、相当な状態だろうな・・・

「救急車・・・呼ぼうか?」と家族が言う。
確かに車まで歩けない。
のどが渇いているのに水も飲めない。
その上汗をかいているので、脱水症状は確実なようだ。

しばらくためらったが、あきらめて救急車を呼んでもらうことにした。
家族に肩を貸してもらい、玄関まで引きずられるようにして歩く。

サイレンが鳴ってストレッチャーが玄関まで来る。
「お名前はー?」「住所はー?」「何歳ですかー?」
救急隊員が大声で叫ぶ。
玄関マットの上で寝たまま答える。
名前や住所が聞きたいわけではなく、意識レベルの確認ですね。

救急車には前にも一度、違う病状で乗ったことがあるけれど、
そのときはそばにいた家族が横から答えてしまい、
隊員の方に
「あなたに聞いているんじゃない!
 この人(私)の意識の確認をしてるんです!!」
と注意されていた。
その時は、非常事態なのに少し笑いそうになったことを思い出した。
でもやっぱり病人は苦しそうだし、近くにいた人が答えちゃうよね。

救急車が来たことで自分でも安心したのか、
呼吸がだんだん激しくなってきて、
意に反して涙がにじんでくる。

「安心したので過呼吸」ってのも変だと思うけれど、
ずっと不安で緊張してたので、
本来の状態が出てしまったのかもしれない。

担架に固定され、ストレッチャーに乗せられ、ガラガラと移動する。
ストレッチャーはわりと軽い素材で出来ているのか、
地面からの振動がストレートに体に響いた。

空が見える。晴れていた。青くてまぶしい。
こわばる腕で顔を隠す。
寝たまま空を見ながら移動するって、変な感じだった。

近所の方、来てるだろうな~と思って腕の下から目だけ動かすと、
やっぱり見える範囲で3人くらい、
道をあけて救急車のそばに集まっていた。
お騒がせして申し訳ない。でもあんまり見ないで。
着替えてないんです・・・

救急車の中で、希望の搬送先の病院を聞かれる。
過呼吸で手の中指だけが手のひら側に折れているのを指摘され
(そうなるのが特徴のようですね、初めて知りました)
落ち着いて隊員さんと一緒にゆっくり呼吸してもらう。

隊員さんは、私の熱を計ったり、
ひとさし指の先を小さなクリップのような機械でパチッと挟み、
データを取ったりしている。
血中酸素濃度でしょうか?

外が見えない状態で寝ていると、どこを走っているのかよくわからず、
車の動きの予想がつかないので、酔いそうになる。
そして、けっこう揺れる。
ふわふわ心もとない感じがずっとしていた。

救急車が一気に坂を登るような感じがして、病院についたようです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。