FC2ブログ

プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


最近急に寒いですね。
ここの所の低気圧のせいか、手首足首の関節が痛くて
「もしかしてスティル再燃?」
「それとも関節リウマチに移行?」
とおびえています。
高気圧になれば、和らぐのでしょうか?
みなさまは大丈夫ですか?

-----------------------------------------------------

今回はお通じの話。
(苦手な方はご注意くださいね)


ナースが毎朝、前日の小水とお通じの回数を聞く。
同室の人につつぬけで、お互い様でもこれだけはちょっと恥ずかしい。

私はお通じがもともと不定期で、
2,3日に一回あればいいほうだったけど、
入院してますます不通になった。

入院当初、抗生剤を打っていたが、
抗生剤を使うと
「ゆるゆるになる人」と「出なくなる人」といるらしい。
私は「出なくなる人」だった。

あまりにお通じのない日が続くため
「お水、飲んでますか?」
「ごはんの量が少ないからかなあ?」
など色々質問されたが、抗生剤の影響と体質だと思う。

入院前から食事が出来ず、
トイレに行く体力もギリギリだったのだけど、
さすがに便秘が2週間を超えているため、薬を使うことになった。

ナースが聴診器で腸の音を聞く。
「うん、ボコボコいってるから、腸が動いてないってことはないよ」

最初の薬はプルゼニド。
病院では「赤玉」と言われている錠剤である。
腸を動かす薬。

トリル「急にお腹が痛くなるのはイヤ。
  部屋のポータブルトイレでしたくない。
  車イスでトイレに連れて行ってもらって間に合う?」
とさんざん不安を訴えて、まず1錠。

効果ナシ。

翌日2錠。

効かなかった。
同室の車イスの人もお通じに悩み、ナースに相談していたけど、
私とまるきり同じことを訴えていた。
考えることは同じだなあと思った。

「他のも試してみる?」ということで、次はラキソベロン。
液状で、水に溶かして飲む。
これも腸を動かす薬。
10滴位で効くらしいけど、次の朝もお腹はシーンとしたまま。

落胆して、15滴。
ダメ。
思い切って次は25滴。

効かない。

ドクターKが回診でカルテを見る。
「えーっと・・・ラキソ・・・25滴?!25滴でも効かなかったの?」
と驚く。
つくづく薬の効かない体質である。

「お年寄りは直接一本ラッパ飲みする人もいますけどね・・・」とナース。
いや、そんな荒ワザ、私にはできません・・・おそるべし、お年寄り。

『さすがに長期間お通じがないのはまずい』ということで、
悩みに悩んで決断し、とうとう最終兵器「浣腸」とあい成る。
ナースとふたり、トイレに閉じこもる。

「できたら5分、がまんしてね~」
3分でキタ。
しかし、5分がまんすればもっとスッキリするだろう!
と欲張ったのが裏目に出る。

じょじょに便意は喪失していく!
しまった!作戦ミス!

少しはスッキリしたが、完全ではない。
「まあまあ。少しは出たんだし。腹筋も腸も弱ってるからね」
ショックで打ちひしがれる私を、ナースは慰めてくれた。

しかし、毎度浣腸というわけにはいかない。
薬剤師登場。

あまりの薬の効かなさにドクターが頼んでくれたのだろうか?
(今回は、例の男前薬剤師ではなかった)
「パントシン散と酸化マグネシウム、持ってきましたよ~」

パントシン散は、腸を動かす。
酸化マグネシウムは、便を柔らかくし、便量が増え、
出口へグッと押し下げるらしい。
ダブル攻撃である。

しかし、これがものすごくマズイ。
砂を噛んでいるようで、口がじゃりじゃりする。

わがままなど言ってる場合ではないのだが、体が拒否し、
毎食後飲む度ゆううつになってくる。
その上、効いたような気がしない。
お腹だけがパンパンに張って苦しい。

最終的に、最初のプルゼニドを3錠にし、
パントシン散&酸化マグネシウムペアを気が向いたら飲む
ということで落ち着いた。

毎日毎日他人のお通じの状態を、
リアルにこと細かく聞かされるのもたまらなかっただろうに
(ナースに話すのが聞こえてしまう)
同室の人が「薬が決まって良かったね~!」と祝ってくれた。
嬉しいけど・・・恥ずかしかった。


スポンサーサイト



タグ : プルゼニド ラキソベロン パントシン散 酸化マグネシウム 便秘

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |