FC2ブログ

プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年5月下旬 
家族が病院へ行くようすすめる。
熱があるわりに動けるので、自力で病院に行く。

初診用紙に症状を記入。
「熱が2週間続く。体が痛い。首が固まって動かしにくい。
 頭が痛い。だるい。風邪薬を飲んでも改善しない。」など。

血液検査と尿検査とレントゲンを撮った。
ドクターは「血液に炎症反応があります」
首にさわり
「レントゲンは異常ありませんが、
 熱が高いので髄膜炎の検査をします。
 髄液を抜きますが、時間ありますか?」

ギョッとする。

「髄液を抜く」ってあの腰に針を刺して、すごく痛いとウワサの・・・
「いや、あの、時間はあの・・・家族が・・・日を改めて・・・」
とわけのわからない言い訳をしてみたが、
ドクターの目力にあっさり負ける。

ベッドの上に横向きに寝て、
ひざを抱えてできるだけ丸くなるように言われる。
服がめくられ、
背中の真ん中から外に向かって渦巻きを描くように、
ぐーるぐるとゆっくり、何か濡れたものが塗られている。
消毒?麻酔?

「動かないでね、はい、ちょっと痛いよ・・・」
怖いけど、何をしようとしているのか見たい。
それでちょっと頭が動いてしまったらしい。
 
「動かないで!」「動かない!」
ドクターとナースにダブルで叱られる。
それを2度ほど繰り返し(子どもか!)針のようなものが刺さった。

痛い!しかし我慢・・・何かグリグリした感触が気持ち悪い。

短かったような長かったような時間で穿刺は終わり、
頭を絶対上げないように、2時間ほど寝ているように言われる。
枕なしで。
減った髄液が安定するまで、ということらしい。

「髄液の色で大体わかるけどね。透き通ってるから、多分大丈夫。
 検査にまわしてきます」
ドクターは採った髄液の小瓶をチラリと見せ、去っていかれた。
髄液は無色透明で、トロリとしていてきれいだった。
初めて「髄液」というものを見た。

結果、髄液に異常なし。髄膜炎は否定された。
「しかし、体の中でウイルスが暴れているようですね。
 頭痛の薬を出しておきます。
 安静にして、また何かあったら来てください」
 
安心して病院を出た。
これといった病気ではなくて良かった。
これで治ると思っていた。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。