FC2ブログ

プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プレドニンの量は30mg。
体が痛く、小さい粒を薬のシートから出すのが大変なので、
ナースが小さい容器に全部開けてくれる。

感染症が怖いので、手洗い、うがいをするようにたびたび促される。
しかしうがいはともかく、手洗いはそうそうできない。
ベッドから降りるのが大変だから。
マスクをもらい、ずっとしていた。

「夏はねえ、特に手洗いが大事ね。細菌が繁殖しやすいから。
 逆に冬はねえ、うがいが大事なのよ。乾燥してるからね。
 マスクしてるの?いいことだねえ~!
 で、どう?関節は痛い?」

と、ベテランドクターGと主治医ドクターKが連れ立ってあらわれた。
こういうときは主治医であれど、ドクターKは黙って控えている。

トリル「関節よりも筋肉が痛いんですよ。
  関節はそんなに痛くないです」

毎度「関節は痛いか?」と聞かれ、そのたび同じことを言うのだけど、
関節の痛みの方が重大なことなのだろうか?
筋肉を何とかしてほしいのだけれど。

トリル「右足のくるぶしのあたりの筋が腫れて痛いんですが」
Dr.G「ふ~ん?見せて?右足だけ?」

なぜが右足だけ赤く腫れている。シーツに擦れると痛いのだ。

Dr.G「う~ん、腫れてるね。
   ちょっと指も見せて?・・・指は大丈夫ね」

びっくりする。
トリル「指?指がどうなるんですか?」

Dr.G「全身血管炎のリウマチがあってね。
   それもちょっとだけ疑ってみたんだけど、違うようだね」

リウマチ?

トリル「それだとどうなるんですか?」

Dr.G「まず指の関節が腫れたりね。
   あと、曲がったりね。でも痛くないんでしょ?」

トリル「朝こわばったりはしますけど、痛いという感じはあんまり・・・
  筋肉がとにかく痛いんです」

Dr.G「うんうん、大丈夫よ。
  そしたら、あとはK君、足の腱の薬を出してあげてね~」

指が曲がる?
思わずじっと手を見る。

リウマチという名前はよく耳にするけど、
節々が痛いだけの病気だと思っていた。

ドクターGが去った後、ドクターKが引き継ぐ。
トリル「リウマチ・・・ってお年寄りの病気じゃないんですか?」

ドクターKは苦笑する。

Dr.K「違いますよ。子どももなりますし、大人もお年寄りもなります。
   スティル病はもともと子どもの病気だけど、
   大人にも同じ症状が出るので、
  『成人』スティル病っていうんです。
 
   若年性関節リウマチの中には色々な型がありますが、
   そのひとつがスティル病です」

トリル「では、私はリウマチということですか?」

Dr.K「う~ん、リウマチの仲間って感じかな。
   足はボルタレンの塗るやつを出しておきます」

何だかよく分からないけど、リウマチ系の病気ってこと・・・?
だから痛いの・・・?

この説明、リウマチどうのこうのって、前にも聞いたかもしれない。
入院間もないときに、ドクターKが
「その痛がり方、リウマチみたいですね」
って、言ったような記憶がほのかに・・・

それは老人の病気では?と冗談だと思って聞き流したけど、
本当にリウマチ系の病気って診断になるとは・・・
それにまだ除外診断、終わってなかったのね・・・

熱は40℃を超えなくなった。
もしかしてステロイドが効いてきたかな?と嬉しかった。

スポンサーサイト

タグ : リウマチ 若年性関節リウマチ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。