FC2ブログ

プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の記事に関連して、スティル病とは少し離れた話になりますが。

過去に違う病気で、たくさんの医者に診てもらったけど、
「もう絶対に行かない!」と憤慨した経験があります。

一番に思い出すのは地元のA皮膚科でした。
スティル病の病院の話ではありません。

私が高校生の頃でした。
何か出来たのは足でしたが、
「足だけです」と訴えているのにもかかわらず、
「服を下着一枚以外、全部脱いで立って」
と言われ、ギョッとしました。

え?めくるんじゃなくて、脱ぐ?全部?

「足だけなんですけど・・・全部・・・ですか?」
「全部です!全部見なきゃわからないだろう!
 さっさと脱ぎなさい!」

すごい剣幕に仕方なく脱ぎましたが・・・
納得はできませんでした。何か変だと。

もらった飲み薬と塗り薬をまじめに使っていたのですが、症状は悪化。さらに発疹が出来てかゆいので、
飲み切る前にまた受診に行きました。

「薬を飲んだら指にポツポツが出来てきたようなんですが・・・」
と切り出した私に、先生は

「何で薬のせいと決め付ける!何でそんなことがわかる!
 あんたは医者のつもりか!」
と怒鳴りつけました。

パッキングされた飲み薬と、
何の印刷もされてない、白いチューブの塗り薬の名前も
これからのためにと思って、勇気を出して聞いてみましたが、

「何でそんなことを知る必要がある!医者にでもなるつもりか!!」

感情的な言い方に、「何か変なこと言ってしまったのか?」
と思って謝りましたが、私は間違ってました。

謝る必要なんてありませんでした。

一緒についてきた家族にも、
看護婦さん(この医者の奥さんらしい)から暴言を吐かれました。

「この人たちねえ~、先生の診察が間違ってるって言ったんですよ~。 信じられないでしょ~?非常識な人たちですよね~」

と待合室で待っている、他の患者さんに向けて聞こえるように。

お金を払う間も

「さっき診察室に呼んだのに待合室にいなかったでしょ~?
 誰かこの人たち見た人いますか~?
 どっか行ってましたよね~?」

など、全く心あたりのないことなのに、
大声でずっとののしられ続けました。
帰るまで。

「診断が間違っている」とは言ってません。

「薬が体に合わないように思える」と言っただけです。

これ以降、当然、このA皮膚科には行きませんでした。
この皮膚科の前を通るのも、寒気がするほどイヤでした。

服を全部脱ぐことを強制された時点でおかしいと思ったのに、
二度目も行くなんて、本当にバカ丸出しです。
別の病院でアレルギーも含めて診てもらえば、
それで済む話だったのに。

その後、遠くても評判のいいお医者さんを探すようになりました。
どんな症状でも、
必要もないのに全部脱がせて立たせる医者なんていませんでした。
脱ぐ必要があれば、
半身ずつとか、毛布をかけるとか、配慮してくれます。

今はいいですね。薬にはちゃんと名前が書いてあるし、
副作用の説明書までつけてくれます。
さらに詳しく調べたければ、ネットでいくらでも見られます。

※恨み言を情熱的に書きすぎて、長くなってしまいました。
 続きがありますが、次回にしますね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。