プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
父親のショートステイの準備が
けっこう大変でした。

とりあえず二ヶ所、お試しというか、
行ってもらったんですが。

施設に預かってもらうには、
病院の診断書から全ては始まるのですが、
父の場合、
ガン(消化器内科)、皮膚科、糖尿病の三通。

脳梗塞の方は、もう診察は受けてないのでナシ。

眼科にも糖尿病由来の「網膜はく離」でかかってますが、
これの診断書は今回必要なし。

診断書をもらうのに、本人を連れて行かなければいけないので、
介護タクシーもお願いし。

今は、皮膚の方も湿疹で大変な状況で、体中ボロボロ。
頭皮まで。
ステロイドの塗り薬がだんだん強いものになっているけど、
治らない。

おそらく、肝臓の解毒機能がもう限界で、
皮膚に出てきているのではないかと。

「薬が効かないじゃないか!!」と父は怒りますが、
いや、もう無理だと思うよ・・・

一日3回、ボルタレン座薬(ガンの痛み止め)を入れて、
その他、飲み薬も多種類。

肝臓ガンで、肝臓が機能していないところに、
さらに薬が山盛りで・・・ねえ。

皮膚の方は、以前かかった「疥癬」が「完治した」という
診断書が今回どうしても必要で、
これがないと、預かってもらえない。

いまは疥癬ではないですが、
ひどい湿疹のかさぶたがあちこちに落ちる。
トイレでは、パジャマを引っ張って体を持ち上げることがあるので、
その摩擦で、細かいものがいっぱい落ちてしまう。
ほうきで掃いててびっくりします。

最初はこの細かいものが何だか分からず、不思議に思ってたのですが、
気付いてからは、来客にびっくりされないように、
各所掃除はマメに・・・

便座に塗り薬のステロイドがついてしまうので、
考えて「豆ピ○」も用意した。
(トイレットペーパーが破れなくて便利)

施設によって、必要なものが違うのですが、
「着替えを持ってこなくていいですよ~」という所もあります。
日額いくらかで、着替えは下着からパジャマから靴下まで
全部用意してくれて、何回着替えても同額。
洗濯もしてくれて、その金額に含まれているので、
すごく助かる。

着替えを全て持ち込みの所は
着替えには全て名前を記入しなければいけないので、
黒い衣料には名前が書けるよう、
白い布を縫いつけたりしました。

契約書や引き落としの書類や誓約書も書きまして、
それから、糖尿病のコントロールの件が・・・

「ドクターの指示を明確に」とのことでしたので、
「インシュリンを何単位」と指示を頂きに、
今までの血糖値の書類を作って、私が病院へ。

低血糖になった場合
・緊急に飲むブドウ糖は用意してあるか
・意識がない場合は、注射あるいは点滴するが良いか

など、施設に確認され、

飲み薬を、朝・昼・晩・寝る前と、袋に分けて
日にちと名前を書き込み、

座薬を入れる時間を決め、

薬を塗る箇所と時間を、規定の書類に書き込み、

薬の説明書や、保険証、診察券など全部コピーし・・・

本人は認知症がないかテストを受けたり、
朝食のメニューを選んだり、
トイレはポータブルにするかどうかとか、
施設での生活のしかたを確認され・・・

お世話してくださるかたは、大変だろうな~と。
できることは、ごはんを自力で食べることだけ。
寝返りも自分では打てないのです。


そんなこんなで、7月下旬から8月半ばまで
二ヶ所の準備に追われましたが、
なんとか無事に両方、ベッドのエアマット持参で
ショートステイへ行きました。

行く前も行った後も、文句を言ってましたが・・・
そして遠方に入所中も「あれ持ってこい!」と、
メールが送られてきましたが・・・
(別に緊急に必要なものでもないのですケド)

家族を休ませるのが、ショートステイの目的なので、
一週間以内の滞在なら、
特に尋ねて行く必要はないと言われています。


何を言われようが、母の体調が優先です。
預かってもらってる間、母がのんびりできているようで、
ホッとしました。
でもやっぱり、習慣で夜中に目が覚めてしまうみたいで。

ショートに行ってしまった後は、どちらかというと
私が準備疲れでグッタリしてしまいました・・・

でも診断書はしばらく有効だし、
次回からは、もうちょっと楽になるよね・・・


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。