プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洗濯機ハイ

前回のブログに「左官屋さんがまだ・・・」
って書きましたが、
コンクリートは左官屋さんじゃなくて、基礎屋さん・・・?
失礼しました。

でも結局、建築会社の作業服を着た方が工事をしてくださって、
(社員さん?)ちょっとよくわかりませんでしたが。

洗濯機も無事搬入され、脱水のありがたみを日々感じてます。
もう手で絞らなくていい!
干しに行くときの、せんたくかごも軽い!
乾くの早い!

うちが買ったのはドラム式なんだけど、
同じパンフレットのタテ型の洗濯機と比べると、
乾燥時の電気使用量が、1000Whも違ってる!?

「乾燥機能を重視するなら、ドラム式ですね」
と販売員さんはおっしゃっていましたが、
電気使用量もこんなに違うの???

洗濯機のレビューも見てみましたが、
今でも二槽式の洗濯機は人気があるんですね。

お若い方はもしかして、見たことがないかもしれませんが、
洗うところと脱水が別になっている洗濯機です。
(ヤボな説明で申し訳ないですが)

だから、「洗い」が終われば「脱水槽」に
洗濯物を移す作業が入ってくるわけで。
で、脱水したら今度は「すすぎ」で、
また洗濯物を移す作業が続く。

全自動のように、スイッチを押したら
洗い上がり(あるいは乾燥)まで一気!というわけにはいかない。

なのになぜ、人気があるかというと。


・洗いが強力なので、普通の汚れなら5分くらいでいい
 (全自動は洗い15分くらい)
・脱水している間に、洗い槽で別のものが洗える
・洗濯液が複数回使える

洗い槽は、洗いに特化しているので
汚れの落ち方がとにかく違って、シャキっとしているそうです。
うちにもあったけど、もうかなり前のことで、
洗い上がりの感覚を忘れましたが、
でもそう言われてみると、布の感触がキュッとするほど、
洗いはシャープだったような気がします。


考えてみたら、ニ槽式は電気使用量も少なくなるし、
水も何回か使えるし、
とにかくエコにもなってるんですね・・・

ただ、作業途中で水に触るので、冬はすごく冷たいですねえ。

野球のユニフォームとか、汚れの激しいものがあるお宅は
洗いの強い、二槽式が便利かもしれないなあと思います。

そういえば、うちに来た洗濯機、しゃべるんですよ・・・
取説を見る前に、カンで使ってみてびっくりしました。

「ドアが開いています」とか、
間違った操作をすると注意されます。
(ドキッとして慌てる)

洗濯機がやっと来て、しばらく浮かれてました。
「こんなにも洗濯機に頼ってたんだな」と思い知らされた、
洗濯機のない2週間でした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。