プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浴衣のお話

たまには(自分的に)楽しい話を。

今年も浴衣は着られないかもなあ・・・と思って・・・
でも寂しいので、7年前位のものだけど、
久しぶりに水を通そうと、洗って廊下に干しておいた。
紫の桜が散っている浴衣。

年相応にちょっとシブくて、でもベージュ基調の明るい色合い。
好きなので、見ていると元気が出るのです。

たまたま来客が、それをご覧になって

「いい浴衣ですね~!」と。

3回もおっしゃってくださったので、
悪い気はせず(お世辞かもしれないけど)

「えへへ、そうですかあ~?」って。


昨年、お茶メンバーの浴衣ランチのために浴衣を新調し、
でも、父の脳梗塞再発で参加できず、一年眠らせた浴衣がある。

落ち着いた黄色の麦の模様の浴衣。

初めてデパートの中の呉服屋で買った。

このときはすごかった。


誂えじゃなくて、吊るしてあるものを買ったんだけど、
(お店の方に伺ったら、『今はほとんど浴衣は反物じゃなくて、
 仕立ててありますよ』とのこと)

立ちすくむほどたくさんの品揃えで、
「この中から一枚選ぶの?」って困るほど。

IDカードをかけた年配の和服の女性が、にこやかに私に近寄る。

「今日はどういったものを?」


特に「こういうの」というものは決めてなかったんだけど、
「似合っていて、できたら細く見えるのがいいです」

と言ったら、その女性はすぐに一枚、
かけてある浴衣群のなかから抜き出された。


「お客様もお好みのものを何枚かどうぞ」

悩みつつ、好きな花・・・地味な色のバラとか藤とか、
三枚ほど抜いていった。


「羽織られますか?」

と言われ、靴を脱いで鏡の前に立つ。

私が羽織った浴衣を次々と着付けていく、和服の女性。

どれもピンとこない。

何となく浴衣が浮いている。


最後に和服女性が即座に選んだ浴衣を着付ける。

お・・・?

何コレ!どうしてこんなにやせて見えるの!?
顔色にも合ってる!

和服女性は

「お客様がご来店した時点で、『これが似合いそうだな』と
 思ってました。
 オススメするならこれって」

一見すごく地味に見える浴衣で、
私ならまず、目にも留めることはなかった。
(目には映ったけど、あまりの地味さに「初老の方向け」かと)

「細く見えるというのは、細い麦を縦に配置してるからで。
 模様が生地と同系色ということもあります。
 この浴衣のいいところは、着ると感じが変わるということと、
 あまりないデザインなので、他の方とカブりません」

正直、ボーゼンとしてました。
好きなものと似合うものは違うと、頭ではわかっていながら、
これほどまでに差があるとは。

それにしてもこの女性、
お店にある膨大な数の浴衣を、全部把握されているの?

ということにも驚き。

半幅帯も選んでもらって買いました。
デパートの中の呉服屋ゆえに、お値段は張りましたが、
こういう方と知り合えたということが嬉しくて。

着物もこの方にアドバイスを頂きたい(そうは買えないけど)
しかし・・・ベテランってすごいなあ・・・

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。