FC2ブログ

プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
介護じゃない話を書きたい・・・
しかし、私の毎日は介護一色で・・・

前回の「痛いから、ガンの病院の相談室に連絡しろ!」
って病院の時間外に父に言われて・・・

(痛いが、救急車レベルではないらしい。
 というか、たびたび救急車を呼んでいるので
 恥ずかしいらしい)

そんなことを言われても、対応しようがないし、
困って、糖尿病の病院のドクターに相談したら、

夜に往診に来てくださいました。

「痛いの?う~ん・・・
 明日、ガンの病院に連絡して、予約を取ってみるよ。
 急なんで、取れるかわかんないけど。

 骨が痛いの?
 骨シンチとか、最近やった?やってないの?
 そんなに痛いなら、骨に異常があるかもしれないから、
 骨の検査をしてみる?」

とおっしゃって、次の日。

朝イチでケアマネさんに連絡し、事情を説明し、
もしかしたら、介護タクシーの手配を、
今日お願いすることになるかも。

とか、

今日の訪問入浴は、もし入院となったら中止です。
それと月曜日の車イスのクッション交換はどうしましょうね?

とか、お話しして。
介護タクシーは、時間によっては空いている状況とのこと。

予約が取れました!という連絡が来たのは、朝9時10分。
「10時までに病院に入ってください!
 その前にこちらの病院(糖尿病の病院)に書類を取りに来て!」

え!時間がない!
急いで介護タクシーに連絡する。

幸い、「すぐ行けますよ!今から出ます!」という返事。

母が父の支度をしている間に、私は糖尿病の病院へ走り、
提出する書類をもらってくる。

私が家に到着したときに、ちょうど介護タクシーも到着で。

・・・何とか、無事に送りだしました。

しかし、息つくひまもなかった。
私はしばらく横になっていた。


今回は整形外科で、骨の状態を診ていただいた結果。

「骨は・・・以前骨折した大腿部の上の方が、
 さすがに完全には戻りませんが、これはまあ、お年もあるし・・・
 でも他は 全 部 正 常 です」

という診断。

痛みの原因は骨ではなく、ガンからではないかと・・・とこのと。

っていうか、父以外はみんなそう思っているのですが。
そう言っても本人は納得しないので、
糖尿病のドクターには、
お手をわずらわせて申し訳なかったのですが、
はっきりさせる機会を頂きました。

父は、自分がまだガンだと、心の底では認めていないのです。
末期なんですが。
もちろん本人に、ドクターははっきり言っています。
でも
「痛みは、ガンと関係なく、単に骨に異常があるからだ」と
本人は思いたいのです。

「骨を手術してくれないかなあ。本当に医者は何にもしてくれない」

「○潤(TVでいっぱい宣伝してる製品)を飲めば治るよねえ?」とか

以前、私の夫に父はそう話し、
夫は「お義父さん、本気でそう思ってるのかなあ・・・」
と言ってました・・・


肝臓ガンのドクターは何もしてないのではなく、
「もう手の施しようがない。あとは緩和ケアしかない」

とおっしゃっているのです。

ここまでガンが進行して、生きているのも正直奇跡。
私より食べられること自体が、不思議。
やせるどころか、どんどん太ってきていて。

私は思ったのですが、ここまでポジティブ思考だから、
生きていられるのではないかと。

自分の不摂生は棚に上げて、
「お前らの作る食事が悪いから、糖尿病や脳梗塞やガンになった」
と平気で言える人なので、ストレスなんてないんじゃないかと。

病気が治らなければ、「医者が悪い」

・・・・・・

「どうして人のせいにするの?
 糖尿病ってわかっても、
 肝臓ガンってわかっても、つぶれるほど大酒飲んでたし。
 食べるだけ食べて、そのあとお菓子も果物も、アイスも。
 タバコまでまた吸い始めて」

と、私たちが怒って言っても、全然聞いてなかったし、
こういうことが原因なんて、思ってもいないらしい。

そして、今はもう「こうなったのはお前らのせいだ!」
と言葉をぶつけられても、
言い返すことももう虚しくて、
私たちはため息をついて
いらだちに涙をにじませ、無言で聞き流す。



・・・人は病気で死ぬんじゃなくて、
ストレスで死ぬんじゃないかなあ。

ストレスで病気になるんだろうけど、
直接の死因は病気なんだろうけど、
悪化に導く原因は、ショックが大きかったり、自分を責めたり、
他人に気を遣うストレスとしか思えない・・・




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。