プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わからない

腰を傷めてしまいました・・・

父をベッド→車イス→便座→車イス→ベッド

への度重なる移乗で。
もう、父の足は全然機能していない。

父は、体重が一番少ないときで50キロだったのですが、
一時期、食欲が落ちたものの、
最近はなぜか食欲が快調で、食事の量が増え続け、
(私より明らかに食べて、その上間食もしている)

でも運動量が少ないので、
上半身の太さが、それはもうすごいことになってしまって。
多分、上半身だけで、私の体重はあるでしょう。

昨日は、便座から車イスに移乗させるときに、
うまくいかなくて、父は床にすべり落ち、
そこから車イスに持ち上げるのに、何度やってもうまくいかず、
疲れはてて、休憩をしながらトライしましたが。

その際、車イスに乗っているクッションを外し、
高さを少しでも下げたのですが、

「もう・・・!重い!」と思わず口から出てしまい。

何とか車イスに乗せて、ベッドへ移乗、腰かけさせたのですが、
座りが浅くて、腰がすべっていってしまい、
私がベッドに乗り、後ろからわきの下に腕を入れて、
また引き上げ、足を持ち上げてベッドに乗せる。

やっとホッとして、ゼイゼイしてたら。

「クッションを車イスに乗せて、もう一回車イスに座らせろ!」

どうして!?今、食事を作ってる最中だし、
ちょっとベッドに横になってくれてればいいでしょ!
それより、もう腰がもたない・・・

と、ヨロヨロ食事作りに戻りまして、
一晩寝れば、腰も治るだろうと思ったら、甘かった。

その日、父は母に「トリルは冷たい」と訴えた。

人から言われるとダメージが大きいですね。
自分で「冷たい」と自覚していても。
しかし、それはそれとして、一応やることはやっている。

父が汚したトイレも、トイレで失敗した衣服もきれいにし、
(下剤を飲んでいるので、それはもうすごいことになる)
咳き込みでいつも汚れるテーブルや床もきれいに拭き、
座薬を入れ、

役所関係、家の工事交渉、病院からの呼び出し、ケアマネさんとの話、
訪問リハビリ、訪問入浴、全部対応し、家事もほぼやっている。
病院に出す、血糖値の書類などのまとめもある。

腕力が必要なものだけが、十分に対応できないのだ。

やってることを無視して、一回の失敗だけで
冷たい呼ばわりかね。

少しでも感謝の気持ちはないのかね。

こんな状態が続くなら、介護する側もされる側も
もうちょっと楽になるよう、
デイサービス再開とか、他の機器を導入するとか
リハビリパンツを夜だけでも使うとか、
(父はトイレに夜中に3~4回起き、そのたび付き添い、移乗)
何か考えようよ。

と母に提案したところ、全然乗り気ではない。

母までが「あんたには冷たいところがある」

え?

母は、悔いがないように最期まで看たいという。
いや、わかるけど、話が微妙に噛みあってないような・・・
まるでつらいことに耐えていけば、悔いは残らないというような・・・

今の調子でいくと、先はすごく長いよ。
あれだけの病気を抱えていても、食欲は絶好調だし。
食べられるうちは大丈夫っていうし。

母もかつて、今でいうDVを受けてた人と思えない。
夫婦には、夫婦にしかわからない絆があるものですね。

私には、わからない。
なぜ、皆が少しでも楽になるように考えるのが
「冷たい」につながるのか。

母が少しでも楽になるようにと思って、サポート程度しかできないが、
がんばってきたのに。

自分が今までやってきたことは何だったのか。

体を壊しそうになって尽くしても、
そういわれてしまう理由がわからない。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。