FC2ブログ

プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


同じ部屋の若い女性が外泊から帰ってきて、プリントを3枚くれた。
「ステロイドについて、友達がネットで調べてくれたんですよ~。
 トリルさん、良かったら見ますか?」

私のためにわざわざ?お友達が?
ありがたく見せてもらう。

前に男前薬剤師さんにもらったプリントを
さらに詳しくしたような内容だったけど、
ひとつ、特に目を引くものがあった。

-ステロイドパルス-

大量のステロイドを点滴で短期間に入れるものである。
これは病気が急激に悪くなっている場合に
用いられることが多いようだ。

こんな治療法もあるのか・・・ダイナミックだわ。

若い女性は
「私も入院して一時期プレドニン飲みました。
 ほんの一時期だけど。
 で、すぐにほっぺがぷくーっとしてびっくりしましたよ」

えっ!そんなすぐに副作用が出るものなの?
何でそんなに反応が早いの?若いから?
(と一瞬思ったけど、違うようだ)

耳鼻咽喉科の時間になった。

先生は私の今までのデータを見て、
のどを内視鏡でもう一度診てくれた。

が!

「スティル病の影響だと思う。
 前にも言ったけど、のど自体の病気ではない」

と断言した。

何だかウンザリしているように聞こえるのは、気のせいだろうか。
「しつこいよ」と暗に言われたようで、ちょっとしょんぼりする。

でも!でも!断言してくれるのだから、信じようじゃないか!
のどの病気の可能性はないって太鼓判を押されたんだ!
いいことなんだ!元気出そう!

そう決めて、それでもちょっと肩を落としつつ、
病室へ車イスを押されて帰った。

でも。

これから自分はどうなるのかな~という不安は、全然消えなかった。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |