FC2ブログ

プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父の世話

すっかり介護日記のようですが、
毎日、介護漬け・・・というか、父関連漬け。

ただ今、立ち上がりが・・・
とうとう困難になってきた父の最後のトイレの砦、
「トイレリフト」の工事を発注中。

リフトはレンタルできないので買取り。
ケアマネさんに相談し、設置業者を紹介してもらい
見積もりを依頼し、介護保険でどれくらい負担していただけるか
教えてもらう。

その他、糖尿病のことで、病院から呼び出される。

今まで急性期病院→リハビリ病院で
面倒を見ていただいてきた糖尿病ですが、
もう入院していないので、そろそろ病院を変わるように言われ、
近くの内科に行っている。

糖尿病は、使う道具が多い。
朝晩、血糖値を計るために、
針、穴あけ器、テスター、血糖値測定器。
消毒綿にインシュリン。

毎日記録してますが、その記録がおかしいため

「使ってる道具を全部持って、病院に来てください」

・・・それで、母の代理で行ったのはいいけど、なんかモメる。


A社製の血糖値測定器がかなり古くて、
もう使えないらしいのだけど、
ではどうするかということになり、

トリル「ニ台ある(A社製、B社製)んで、
  もう一台を使えばいいですね?」

と伺うと、

内科「いえ、B社のは・・・今、この会社との取引がないんで、
   テスターが取り寄せにくいんです。
   テスターは各社で仕様が違うんですよ」

トリル「ではどうすればいいんでしょうか?」

内科「直接A社に電話してください」

よくわからないまま電話する。

A社「今、お使いの機械はかなり古いですね。
   今は糖尿病の機械は、病院からのリースになってるんです。
   お父様が使い始めた当時は買取りの時代だったんですが・・・
   
   最初に買われた機械ですが、
   まだお父様が買われた急性期病院で
   診ていただいているのでしたら、
   壊れた機械を交換させていただくのですが、
   今は違う病院なんですよね・・・交換はできないのです」

トリル「最新機種を手に入れるにはどうしたらいいのですか?」

A社「処方箋を取り扱っている薬局で買えます。
   取り寄せるので、日にちがかかりますが。
   でもインシュリンを出してもらっている病院で
   リースしてもらえると思うのですが・・・」

内科で、また聞いてみる。

内科「リースですが・・・以前患者様にお貸ししてたんですが・・・
   残念なことに、ひとつも戻ってこなかったんですよ」

トリル「え!ひとつも!?」

内科「だからお貸しするのをやめてるんです」

ここまでのやりとりに2日かかっていて
何だかメンドくさくなってきたので、「では買ってきますから」
と伝えると、「ちょっと待ってください」

どうしていいのかわからなかったけど、

結局、「リースしますが、一筆書いてください」
と、3日目に誓約書を渡された。

ちなみに、他の患者さんはどうされているのかと聞くと、

「大きい病院から持っていらっしゃるので、ここのところ
 測定器に関して、こういったことはなかったんです・・・」

とのこと。
(病院を変わったときに返さなくていいのだろうか?
 聞けなかったけど)

そしてこの際、針の方もメーカーが違っているため、
この内科の取引先の針に変更になる。
今まで、取引先外のものを
無理に取り寄せてもらっていたらしい。

だから取り寄せに時間がかかったのか・・・
もっと早くこのことを知っていれば、相談もできたのに、
どうして今までこんな状況のままだったんだろう?

針の変更で、穴あけ器も違うメーカーになり、
父に見せると、

父「これでやってくれ」(新しいもの好き)

母「いや、前の針がまだあるから。終わってから」

父「これ、どうやって針を入れるんだ!ここ回しても刺し口が出ないぞ」

トリル「・・・お父さん、それ、針の圧力のダイヤルでしょ」

父「針の圧力のダイヤル?なんだそれ。今までのにはなかったぞ。
  さすがに新しいのは違うな!」

トリル「・・・前のにもありますよ、ほら。パチパチっと。こっちが強め」

父「・・・知らんかった・・・いつもなかなか刺さらないと思った・・・」
 (最弱に設定されていた)

父は10年以上前から、糖尿病とのおつきあいがあるのに・・・
私はスティルで入院中に、ステロイド性糖尿病の疑いで
たった一回、穿刺された際にナースに説明を聞いただけで
印象が強くて覚えてるのに・・・

まじめに説明を聞いてなかったんだろうな・・・

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。