プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三週間後

大震災から三週間がたち・・・
言葉も出ない状況から、少しずつ物事が動き始めて。
しかし、未だに原発も危険なままで・・・

心よりお見舞い申し上げます。

透析が必要な方、そして例えば私の持病と同じかたなどは
ステロイドが必要だったり、
身近な病気で言えば、糖尿病でインシュリンの注射が必要な方。
ほかにもきっと、毎日、薬が切実に必要な方がいらっしゃるでしょう。

取る物もとりあえず、津波から逃げることで精一杯だったでしょう。
今、薬は届いているのでしょうか。

健康な方でもつらい避難生活の中で、病気だったり、
子どもさんやお年寄りの方の苦痛はいかばかりでしょうか・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

危機管理・・・ニュースで知ったのですが、
津波の危険地域の中の学校について、ある市議さんが
「学校の二階から直接避難できる通路を作る。
 一階に降りてから避難していたのでは間に合わない」

これが役立ったと。
こどもたちを守れたと。

そして、別のニュースで。

こどもたちには

津波がきたときは、とにかく高い所に逃げろ。
何にもかまわずに。

とおしえていたという。

「津波のときには、親子であってもかまわずに
 ひとりひとりがバラバラになっても、とにかく高台に急げ!」

今回のことで、この言葉は本当に胸に迫る・・・
パニックになりそうな事態になることを想定したら、
一択を教えておくことが、こどもを守ることになる・・・

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。