プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回の工事は、便器の高さを何とかして上げることが目標なので、
それが達成できれば良いといえば良いのですが、

便器もシャワートイレ(便座)も、高価です。
気軽に何度も取り替えられるものではなく。

便器自体は、配管までいじるつもりはなかったので、
配管工事なしでつけられる種類から二択。
汚れがつきにくい方に、早々と決定しましたが。

便座・・・シャワートイレの方は・・・
これはもう種類が多すぎで、違いを把握するのに
かなり集中してパンフをにらみました。

オートで蓋が開いた方がいい?
温風乾燥って、使う?
オート洗浄って、必要?

家族みんなに確認して、必要な機能だけ。

「でもせっかく替えるのに、今までと代わり映えしないのも
 何だかねぇ・・・」

って意見もあり、オプションの「オートフレグランス」
フレグランスシートを入れると、トイレを使うたびに
いい香りがするのです。

建築屋さんに

「シャワートイレってすごい進化してますね・・・」
と言ったら

「そうなんですよ・・・オート脱臭とかもほぼ標準ですよね。
 節水も進化してます」

ということで、

たまたま今年の一月から、
節水型トイレが住宅エコポイントの対象となり、
うち的にはちょっとラッキーというか。

しかし、この住宅エコポイントを受けるには、
どこかに断熱材を入れるとか、サッシを二重にするとか
抱き合わせ工事でないと対象にならず、
結局トイレのサッシ工事もすることにしました。

その工事代を差し引いても、ちょっとお得ということで。

ところで、パンフをチェックしていたら、
「車イスをご使用のかたへ」みたいな一文があり、

「座るときに横からの負荷がかかるので、
 便座が壊れないように、
 金属プレート入りの便座をおすすめします」

えーっ!
そんなのもあるの・・・?

選択肢が増えた・・・

ところで、オート洗浄っていいのでしょうか?
流し忘れがなくなるのはいいのですが、
これに慣れると、出先のトイレで失敗しそう。
それに、一応健康のために確認もしたいですよね?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。