プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
父が退院前にうちに一泊したら!

「ベッドのマットレスが固いから変えろ」
「トイレの手すりの位置が高すぎだッ。
 便器が低くて座りにくいし立ちにくい」
「車に乗れない。ステップを用意しろ」
「寝室にテレビつけろ。買ってこい」

と、色々言い残し、また病院へ戻っていきました。

そして、日曜日に夫の協力を得て、テレビを買って設置し、
(配線も調整も全部やってくれて、感謝・・・)

その他のことは、
ケアマネさんや病院や介護レンタル屋さんに相談し、
なんとかまあ・・・

トイレの便座が低いのは、取替えしかないかと思って
病院の便座の高さを計ってもらったら、
うちのトイレと2センチしか差がなかった。

取り替えるなら退院前にしないと!って慌てたけど、
病院で、座面38センチからの立ち上がりテストをしたら
「できましたよ」との報告があったので、
取替えるのはやめにして。

そして、「車いすを電動のものにしろ!」と
ずっと前から言ってきかない。
理学療法士さんは、父の扱いがめちゃくちゃうまく、
さらっとその件はいつも流す(聞いてて笑える)
めちゃくちゃなその他の要望も流す。

だって、ハイジが逗留した
フランクフルトのクララの家レベルならともかく。

電動にするほどの距離なんか、ありませんよ。
うちの寝室~居間~トイレ間なんて。

それから泊まった夜。
母は父と別の部屋で寝ましたが、夜中に父がトイレに起きて
うまく立ち上がれなかったことにイラつき、
朝になって、母を責める。

「すごく困ったし、全然寝られなかった!!」

母は後で、「夜中に一回見に行ったら、グーグー寝てたよ?」

あの部屋、一緒に寝られるほど、スペースないよ。
布団敷くと、車いすが通れないもん。

改修した家も何かと「気に入らない」を連発し、
私は、何だか父の面倒を見る気を失いかけている。

まだ退院もしてないのにね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。