プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またまた父の話で恐縮ですが。

ソーシャルワーカーさんとの話し合いや、
検査などの同意書にサインなどで、
たびたび病院に呼ばれる。

私は自分もリハビリ(交通事故の)があるので、
あんまり出かけたくはないのだけれど。
体、しんどいし。



父宛の請求書が色々届くので、私が目を通す。

ケータイ代・・・

ん?んん?この金額は!

パケ代が異常に高いのである。

入院期間にこれだけ高いのはなぜ?

調べてみると、ダイレクトメールがたくさん届いているためとわかった。

パケット定額にもしてない。

その数、ダイレクトメールだけで500・・・
(というか、ダイレクトメールしかきてない)


そのダイレクトメールも、きれいな写真がついているので、
パケ代も高くなるというものである。

トリル「DM、登録解除した方がいいよ。パケ代異常だよ。
   定額にもなってないし」

父「そうか。全部解除しといてくれ」

トリル「・・・・・・・・・・・」

とにかくケータイは色々プランを見直し、
パケ定を手続きする。

DMの登録のIDやパスワードなどを父に聞いてみるが、
「あれかな、これかな」
と、たくさん言うわりに一つも当たってないので、
さすがに疲れて、もうインターネットからのメールを
フィルターで遮断する。
ひとつずつやってたら、こちらの体がもたない。
だいたい、どうしてこんなにいっぱい登録してるの?

そして、「病院にパソコンをもってこい」
と言うので、持って行ったら、

すぐにパソコンは返ってきて、メモが。

「パソコンのメールのDMも登録解除しておいて。
 パスワードとかIDは全部メモしてあるから」

こっちはメモしてあるのか。
少しは楽か。

・・・と思いきや、このIDもパスワードも合ってない!
ひとつも!である。
こんなことある!?
メモにないところからもDMは来てるし。

またこちらのDMも相当な数で。
どれだけ登録してるの?どうして?

でも、何とかこちらはほとんど処理できたようで。

(それでも一つずつ配信停止するのは大変だった。
 父が『アドレスは絶対変えない!』と言うので、
 アド変えで逃げられない)

ホッとしていたところ、
こちらはフリーメールの方で・・・

ある日、父のパソコンのスイッチを入れたら、
プロバイダーの方のメールソフトが突然立ち上がった。

どうして!?
こっちもアドレス生きてるの?
併用してるの?

メールサーバーにたまった量が限界で、
強制的にメールを引き取るシステムらしい。
つまり、「入院前からずーっとほったらかし」だった、と。

そして、受信フォルダではなく、
保存フォルダに続々たまっていくメール。
保存フォルダを見たら、3000を超えていた・・・
受信フォルダには限界まで詰まっていた。


自分自身に関してもそうですが、いざというときのために、
身辺整理はやっぱり必要だと思います。


「いざ」っていうのが、「死ぬ」ときとかではなくて。
入院中に、託された家族が大変っていうか・・・

(正直、『パソコンを下手に使えると(身内が)大変だ』
 ・・・って思ってしまいました)

スポンサーサイト

コメント

トリルさん 今日は お元気ですか
お父様は相当PCマニアのようですね。

さて、私は昨日定期検診に行ってきました。
フェリチンはひと月前の数値しかわからないのですが1320とまだ四桁台。正常値は340までですからまだ相当高いことになります。自分では運動もしているし、体調はいいのですが。ということでステロイドの減量はなし。また次回に期待します。
まだまだ暑さが続きます。どうぞご自愛ください。
鳥越より

不安

はじめまして、私はダンナ有、子無しの40女です。
2007年の夏にスティル病らしき症状を発症
しかしその年には不明熱とされ何かわからずじまい‥。
翌年にまた同じ時期に同じ症状が出たため病院を変えてみる。
そこで1月ほど通院した後、スティル病と診断されました。
トリルさんは早めに診断がつきラッキーでしたね。
(病気には違いないですが)
45日ほどの入院ののちようやく今年のアタマにプレドニンを卒業しました。
しかし昨年の春に姉が末期の脳腫瘍であることが判明、それよりより少し前から父がアルツハイマーに。
現在は父も姉も入院中で姉は緩和病棟に。
実家が中途半端に遠いことや(車で2時間)いろんなストレスで最近チョコチョコ微熱が出て体がだるい‥。
夏に発症しているのでとても不安です。

かかりつけの病院にもなかなかいけないので調子が悪いとすぐに近くの病院で血液検査だけはしています。
退院してから極度のストレスの原因と思われる職場も辞めわりと調子が良かったのですが、
改めて自分が難病だということを自覚しました。
ついがんばりすぎるタイプなので気をつけないといけません。
トリルさんもご自身のことだけでなくお父様もご病気でいらっしゃるようで心中御察しいたします。

病気になったときいろいろPCで調べていましたが今回トリルさんのブログに初めてたどり着きました。
チョイチョイ覗かせていただきます。
今の不安な思いを聞いてもらえてよかったです。
長くなりスミマセン。

鳥越さんへ

こんにちは。

PCマニアっていうか・・・
今回書いた記事は、まだ可愛い方なんです。
以前から、色々やってくれまして・・・
一番恐ろしかったのは、父が夫の会社に送ったメールが
夫の会社のシステムを止めたことです。
メールにウイルスがついていたのです。
まだ私が実家に戻っていない頃でした。

社内だけで、2000人の仕事の手が止まり、
賠償ものかと思いました。
夫は緊急放送でシステムに呼ばれ、
(当時はまだ、社内用ケータイが一般的ではなかった)
「どういう関係の人?」と聞かれたそうです。

セキュリティソフトをあれほど「入れろ」と言ったのに!
根本的に「何が危険」か分かっていないのです。
「会社とダンナに迷惑をかけないで!」
とさんざん怒りましたが、やっぱり堪えてなかったです。

パソコンで「株をやる」と言い出したときも、
私は真っ青になってとめました。
父のことですから、一桁や二桁間違ってしまうなんて
当たり前ですから。
約定されてしまったら、もう取り消せませんし。

だから、本音を言えば、
パソコン方面に近づいてほしくないのです。

長くなりましたが、フェリチン1320は、
まだ・・・高いようですね。
ですが、ひと月前の数字ですし、
体感的にはもっと良くなっていらっしゃるように
感じられてるようですから、
次はもっと数値が下がっているのではないでしょうか?

「体調がいい」って聞けるのが、一番嬉しいことです。

いつもコメントありがとうございます。

conさんへ

はじめまして!
コメントありがとうございます。

お父さまとお姉さま、ご心配ですね。
ご病気の本人もおつらいことと思いますが、
周りの方々も、心配したり、忙しくなったり・・・

conさんも、ご無理をなさらないでくださいね。
conさんまで倒れられてしまっては、大変です。

難病持ちでも、再燃だけは何とか回避する方向に。
多少、何かをサボって不便が来ても、
再燃で倒れて、身内が大変になることを考えれば、
毎日のなかで、無理はしないことの方が、
ずっといいと思います。

がんばりすぎるタイプが、
リウマチ系になりやすいと聞いています。

でも、感情も行動も深く追い詰めずに
「疲れた」と感じる前に少し休んで、
お互いゆっくりいきましょう。

「体が資本」という言葉が、病気になって身にしみました。

今は、ご自分のことを一番大切に。
・・・でいいと思います。

私もここで、「ストレスはだめだよ!」とコメントを頂いて、
頭でわかっているつもりでも、
何だか心から納得したことを覚えています。

conさんもどうかお大事に!
また遊びにきてください。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。