プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木の不思議

以前
「私がスティルになったとき、部屋の前の柿の木が枯れた」
という内容の記事を書きましたが。

(枯れたと思ったら、翌々年?には芽吹き、
 枯れたんじゃなかったの?と思った。
 今も元気がないけど、弱々しい薄緑の葉が出始めている状態)

台所で母と、うちの裏庭の山椒の木の話になり、

「あの山椒ね~、おばあちゃんが亡くなったときに枯れちゃってね~」

といわれ、ゾーッとした。

「おばあちゃん、木の芽が大好きでねえ~、大事にしてたもんね」

うわーっ!すごいこわい!
お母さん、それ本当ですか!

そういえばここ数年、木の芽を食卓で見ないと思った。
私は山椒が特に好きというわけではないので、意識してなかったのだ。
祖母がそんなに山椒が好きだったことも知らなかった。

母は続ける。

「おじいちゃんが亡くなったときも、
 おじいちゃんのお気に入りの松の木が枯れたねえ」

・・・ホント、お母さん、やめてください。こわいです。

別に母は普通の人で、特にオカルトチックというわけではない。
事実を言っただけである。
私が若いときに「部屋に幽霊が出た・・・」と言ったら、
「バカじゃないの?」と、あきれた母である。
本当に出たのに・・・

柿の木の話と別の記事だけど、うちの敷地の端っこにある松の木を
父が手入れをめんどくさがって、
思いっきり幹の途中から切ってしまい、
「立派な木だったのに!」と、家族がみんな怒ったことがある。
と書いた。

枝垂れているので、枝を地面に固定してあったのだけど、
いきなりとんでもないところで切って、
それはそれは今でも無残な姿である。

その後、父はガンになり、そして脳梗塞で倒れる。

私は、入院中に同室の人から

「やたらと古い木を切ってはいけないよ」と言われたことがある。
切るならそれなりのことはしなければならないよ、と。

ご近所の方か誰か、古木を切って、何かあったらしい。

松の木がうちには何本かありますが・・・
そして今、家の正面の一番大きな松の木が
真っ黒になってしまっている。

父は「・・・あれがオレかな~」と言ってるらしい。
父はガンで脳梗塞で、それに糖尿病まであるのですが。
(でも今、家で一番、気力だけはある気がする・・・)
それに別に父は、その松をそんなに大事にしてないけど・・・

柿の木は、最近まで私の部屋の正面で、
(今は部屋変えしたので、ちょっと遠ざかったけど)
小さい頃からずっと見ていた。
柿の実が赤くなるのが楽しみだった。
おいしいし。

でも、

あれが私か?

って考えると本当にこわい。
この木に思い入れが深いのは確かである。
弱々しいながらも、再生した柿の木。
やっぱり身代わり?

家の前の堤防には桜並木があるけど、
これは祖父たちが昔々、植えたらしい。
(私の聞き違いでなければだけど)

祖父は桜が散る季節に逝った。
仕事で遠くに住んでた私が慌てて駆けつけたとき、
花びらが地面にたくさん散っていた。

自分たちで植えた桜の、花びらが降り注ぐときに逝くなんて・・・


木って、きっと何かある。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。