プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今、長襦袢の袖を縫っているのですが・・・

うまくいかない!

袖は「無双袖」

ご存知のとおり、
表も裏も同じ生地の「袷」の袖です。
片方の袖だけで、袖丈の4倍の長い生地が要りますね。
なぜ裏まで同じ生地かって。
「振り」の部分は裏側ばっかりが見えるからです。

襦袢って、着物を着てしまえば
見えるところは「袖口」と「振り」だけなんですね。
(その袖口もほとんど見えないわけですが)
襟は半襟つけちゃうし。
こんなことを言うのはナンですが、
”絶対に人前で着物を脱がない”のならば、
襦袢は「振り」だけなんとかなってればいいのです。
お洒落さんの発想ではないですが。

前にも書きましたが、私は和裁の本を間違って買い、
基本も知らないのに、中級からプロ用のものを持っています。

それで図解などをじっくり見てみたのですが、
袖下の部分の縫い方が、どうしてもわからない。

簡単な本を買おうとして、本屋に行ったら、
和裁の本が売ってない。
二軒行ったけど売ってないんですよ?びっくりしました。
需要がないの?それともたまたま?

売ってるのは、着物をリフォームして洋服を作るとか。
着物をバラして小物を作るとか。

着物スプラッタ方面ばっかり。

手芸屋さんに行けば、
「浴衣の作り方」の本だけ。

図書館にも行って色々見ましたが、
単(ひとえ)の袖の作り方ばっかり。

ネットで見ても、あんまり詳しい作り方が出ていない。

素人には無理ということですか?
もう、現役の襦袢の袖をバラして、研究するしかない?


仕方がないので、パッと見わからないように
何とか袖下をおさめている途中ですが、
私に和裁の先生の友達がいたら
多分絶交されるような縫い方でしょう。
「見損なったわ!」みたいな。
きっとプロなら、ちょっと見ただけでヘンだとわかる。
自分でも着物に申し訳ないとさえ思う。

NHKのおしゃれ工房で、
「着物のちょっとお直し」を拝見しましたが、
紅色の襦袢を大事にされている方が出演されていて、

ほんのちょっと見えるだけの襦袢なのに
白い着物に襦袢の振りの紅色が映えて、美しい。
少しの面積しか見えないのに、ものすごく効いている。

おしゃれな方だなあと思いました。
「赤い襦袢はちょっと・・・」なんて思ってましたが、
意識が完全に変わりました。

たまにある内輪のお茶会でも、すごくおしゃれな人がいる。
クリスマス茶会にツリーのオーナメントを
根付がわりに帯にはさんできたり。
半襟をツリーカラーにするために、スカーフを襟に縫い付けてみたり。

正式な茶会では、女性は色襟はほとんど許されず、みなさん白で、
また伊達襟もよろしくないということで、しないのです。
内輪の茶会は正式ではないので、着物は紬でもOK。
着たいものを着放題です。
とにかくテーマに合えば、何でもアリの自由茶会です。

しかし、スタンダードな着方だけで精一杯の私は、
色や柄や小物で遊ぶ余裕もなく、面白みがないよねと反省しています。

今年はもうちょっとおしゃれにいこう。
袖でつまづいてる場合じゃないな。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。