FC2ブログ

プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年賀状を作ろうと思ったら、プリンターが動かなかったり、

年末年始に必要な物の買い物に行って、
「よし完璧!」と思っていたら、
年始のご挨拶の場所が急遽二ヶ所になり、
もうひとつお年賀が必要になって「買い物もう一回」とか。

慌ただしいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今頃クリスマスの話題でナンですが、
バレエ「くるみ割り人形」を見てまいりました。

今回初めてなのは、オーケストラピットがあるホールでのくるみ。
例年はピットがないところだったのです。
会場グレードアップ!?

大人の主役の金平糖(子どもの主役はクララ)が
最後のカーテンコールで、
舞台上でオーケストラピットにギリギリまで近寄り、
優雅にひざまづいて覗き込んだので

「?何をするのかな?」と思ったら、

とても低い姿勢で両腕をかわるがわる広げて
オーケストラの皆さんにお礼のご挨拶をしたのです。

おー!そういうことをするんだ。

と初めて知りました。
そういう姿勢でのご挨拶を初めて見て、
なんだか嬉しかったのです。
なんと美しい。

オーケストラピットの中は、私の席からはよく見えなかったのですが、

プリマの挨拶の直後、ピットにパッと明かりが灯り、
壁際の(多分)コントラバスのネックの先端が
いっせいに垂直に立ち上がったように見えたので、

あっ、これが返礼の仕方?
楽器を立たせるの?(違うかもしれないけど)

大きい楽器のネックの先端しか見えなかったので、
他の楽器の方々はどのように返礼したのか
今でも知りたいと思ってます。

指揮者の方は舞台の方を見て指揮をされますが、
演奏者のかたは、舞台に背を向けていらっしゃるわけで、
金平糖がご挨拶をしたときは、指揮者の方が
「返礼します」という合図を演奏者に送ったのでしょうね。

返礼・・・ピットの中が見たかった・・・

やっぱり生はいいですね。

いつも思いますが、バレエは踊りだけで気持ちも状況も表現し、
ひとことも口をきかない。

これでストーリーがわかるということが、すごいなって。

帰り道も贅沢な気分で。
踊りももちろんすばらしかったのですが、
あのご挨拶が、なぜだか一番心に残りました。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。