プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬の名前

色々な用事の合間を縫って、家の片付けはゆっくりと進んでいる。
「まだやってたの?」
という感じでしょうが・・・
寒くなる前に絶対終わらせる。
つらいから。

父の具合が一時期微妙であり、痛みに耐え切れず
私たちが知らない間に、自分で救急車を呼んだりとか。
日曜日の夜中で、専門のドクターがいらっしゃらず、
血液検査やレントゲンなどしてもらったものの、
持病以外の異常も熱もなく・・・
この痛がり方ではてっきり「とうとう入院」とみんな思っていたのに、

「痛いだけでは入院はできないんですよ。
 痛み止めを出しますから、また明日来て下さい」と言われる。

車いすに、母とふたりで乗せられるか?
車には乗れるのか?
家の中まで、痛がる父を移動させることができるか?

家に着く頃には、ボルタレンがだんだんと効いてきたようで、
何とか半分自力で。

翌日に病院で精密検査をしたら、大腿骨あたりの骨折だったそうで。
それでも治療できる場所でもなく、痛み止めのみ。

ガンのせいで、骨がもろくなっているらしく、
週に一度行っていた、脳梗塞のリハビリも中止に。

ところで、病院で今飲んでいる薬の名前を聞かれる。

「?」

病院ならカルテに書いてあるんじゃ・・・と思っていたのだけど、
ガンと脳梗塞(糖尿病もある)が小康状態になったときに、
基幹病院から、身柄(?)を他の病院に移され、
(重篤な状態でないので、普段の診察を行う所。
 基幹病院は混むので、よくあることらしい)
救急車で運ばれた元の基幹病院には、現在の薬の記録がないのだ。

父に薬の名前を聞いても「わからない」と言う。

家に電話して、夫に薬を探してもらう。
でも薬は父がシートをバラバラにしているため、
名前がすぐに読めない。
パズルみたいに組み直して、何とか読んでもらう。
7種類。

常用している薬の名前がわからないと、他の薬がだせないそうで。

痛くて入院と決め付け、「着替えとかラジオとか本とか用意しろ」と
父は母に言ったのだけど、
お父さん、薬の名前が最重要事項です。
メモを作ってください。

と思った。

「ガンはもう手の施しようがなく、
 このままにしておくしかありません。
 いつどうなるかわからない状態です」

と言われていますが、
本人は骨折で、自力で出かけることもなくなったけど、
家でテレビを見たり、パソコンで何かやってたりする。
寝たきりではないのだ。
食欲も信じられないほどある。

だから、「薬のメモくらい作っておいてください・・・」(泣)

動けない、つらい病人にはこんなことは思わない。
でも病気でも、動けるうちは、痛くないときは
できることは自分でしようよ。
母が、私が、何でもやるのは当然と思わずに。

でも今、薬をもらうときって、説明書がプリントアウトされてくるはず。
あのまま入院バッグに入れておいてくれれば、それで済むのに・・・
そういう大事なものは、さっさと捨てちゃうんだよね・・・

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。