プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そんなこんなで、会に居づらい日々も続いておりますが
(3月が終わるまでは役員なので)

ストレスからか、首から肩が痛くて、
振り向けない位、動けない日もありますが、
湿布で何とか。
インフルエンザが流行っているので、
病院は様子見で。
本当に自分が色々な意味で情けない。

気分を変えて、
久しぶりに落ち着いてテレビを見た。
録画だけど。

ドラマ「だましゑ歌麿」


水谷豊さんは、「相棒」の右京さんのイメージが強く、
今回の歌麿役は、最初、戸惑うような変貌ぶりで。

役者さんはすごいね。

水谷豊さん目当てもあったのですが、
着物も見たくて。

今回、吉原のシーンもあり。
歌麿は部屋で取り憑かれたように、
スケッチしてます。

花魁独特(?)の、結び目が前に来ている帯の結び方とか。
着物って大体の形はそう変わらないのに、
帯の結び目が前にくるだけで、感じがすごく変わる。

花魁役じゃないけど、市原悦子さん(同心の母親役)の
一本の薄そうな帯の上に、
もう一本、派手に大きく文庫で結んである帯とか。
(柄変わりの一本かと思ったけど、質感が違うみたいで
 やっぱり別々の帯にしか見えない)

市原さんだから、素敵で可愛らしいのかな。
私は、文庫結びは「娘」っぽくなるので、遠慮してたのですが、
別に私の年でも結んでもいいのかな・・・?

正直、ストーリーよりも、着物に釘付け。

最後の方に出てきた、吉原の遊女役のひとりの女優さん
(クレジットに名前がおそらくないのでしょうが)
のお顔が、すごくキュートで、その方ばっかり見てしまったり。
ふっくらしてて、白塗りが良く似合う。

そして、水谷豊さんの歌麿。

「相棒」では右京さんの動きやセリフばかり追ってますが、
「歌麿」では、着物が独特でした。

絵師という仕事柄からでしょうか、個性的。
男性の着物は特によくわかりませんが、中に着ている襦袢の襟の色と
着物の色や柄が独特で、
今は絶対にこんな色の合わせ方はしないだろうという感じ。
「アーティスト」という感じで、面白い着物でした。

時代は江戸からさかのぼりますが、
玉木宏さんの織田信長のときの衣装もまた独特だったことを
思い出しました。
他の方も信長を演じられるときは、いつも同じように
ド派手で奇抜な模様の着物。
着物が映った後ろ姿だけで、信長役とわかるほど。

着物がその人を表す記号なんですね。
秀吉はキンキラキンで、悪代官は黒地に金糸銀糸入り。

でもやっぱり男性の着物姿はいいですね。
きちっと着ても、崩していても、素敵です。
街なかでもっと見たいですね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。