FC2ブログ

プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うちの庭には。

古いバッテリーがいくつも転がっていた。

車のバッテリー。


なぜこんなものがあるのか?
普通の民家には、こんなものは通常転がっていないはず。

恥ずかしながら、家族がもらってきてしまうのであった。

なぜこんなものをもらってきてしまうのか?

「お金になる」と思っていたから、らしい。


昔はそんなときもあったらしい。
使い古しのバッテリーが良い値で売れるときが。

しかし今は違う。
お金を出して引き取ってもらわなければならない。
ご存知のとおり、
鉛などが入っているので、普通のゴミでは出せないのだ。
それなりの処理がいる。
処理代金もそれなりにいる。

家の片付けをやっていて、見苦しいものは全て廃棄したいのだけど、
自分のものでないものには、なかなか手が出せない。

古いバッテリーはさすがに売れないとわかって、
すぐに「捨てていいよ」と言われたが、
いいよ、と言われたところで・・・丸投げかい!

しかるべきところに引き取ってもらったのは4つ。
一番目障りなものがなくなって、ホッとした。

しかし、その後、また2つどこからか出してきた。
「まだあったわ」って。
・・・もう連絡するのも腹立たしく、まだある。


それにしても、カーテンレールの量もすごかった。
うちにこんなにカーテンをつけるところはない。
というか、もう必要な所にはついている。

私の部屋をリフォームしたときに、
「カーテンレールあるぞ」
と言われたけど、
どこからもらってきたのか拾ってきたのか知らないが、
どれひとつとってもすごく汚くて、
せっかくきれいにした部屋には絶対つけたくないものだった。
100人に勧めても、100人全員断ると思う。

それに、どこから持ってきたのかわからない襖。
ガラス戸。
多量の木材など、もう叫びだしそうなくらいイヤだった。

今回これらは全部処分した。
お金はかかってしまったけど、気分は少しすっきりした。

バッテリーはまだ残ってるけどね。
片付けはまだまだ終わらない。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。