プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分の靴を磨いていて思い出した。
昔ムカシのお話です。

二つ目の会社勤めをしていた頃。

その会社は、社長から普通の社員まで、
全員が同じ上着と同じ靴を身につけている。

製品に影響を出さないために、
事務員も現場員も、特殊な同じ服と靴。
現場に行かない事務員さんでも。
(現在はどうかわからないですが)

友達に話したら、ビックリされました。


ロビーでお話をなさるお客様は、
そのままの服装でOKだけど、
中まで入るお客様は、上着や靴を脱いで
お客様用に用意してある、同じ靴と服を身につけていただく。

偉い方がいらっしゃる場合は、
秘書さんにあらかじめサイズをお伺いして、
前日に名札も含め、用意しておく。
(食べ物や飲み物のお好みも、同時に伺いますよ)

そのお着替えのお手伝いを、折々させていただきましたが、

どうして偉い方は皆さん、そんなにお綺麗なんですか!

特に靴が!

当然スーツでいらっしゃるので、革靴ですが、
その革靴が、ツヤツヤで、たった今磨いたばかり・・・みたいな。

私がどんなに一生懸命磨いても、
あんなに濡れてるようなツヤは出たことない。
「綺麗」どころの話ではない。

中に貼ってあるロゴマークも、こすれて消えていたり
めくれていたりしないのですよ。
何回履かれたか知りませんが、新品同様です。

スーツもカバンもビシッとしてます。
型崩れなんて、ない。

(・・・でもたった一度だけ、例外がありましたが)

これって偉い方の奥様がしっかりしていらっしゃるのでしょうね。

って、単身赴任の方もたくさんいらっしゃいましたが、
・・・ご自分で?


「偉い方は、体に触られることに慣れている」
と知ったのも、この時。

上着を脱ぐのを手伝われたり、着せかけられたり、
靴に触られたり、カバンを保管されたり。
写真を撮られたりするシチュエーションが普通だからでしょうね。

大勢の人の注目を浴びたりすることも、普通のことでしょうし。

スキがないのです。


特に足元。
靴を脱いだら、靴下が見えるので、
靴下にも気を遣わなければ、なりません。
お手伝いする人が、足元にかがみますから。
突然、お茶室に案内されたりすることも、あるでしょう。

それを毎日毎日。

奥さん、すごいね。

自分も結婚したときに、そういうことに気をつけようと
思ってました。

どこに出ても恥ずかしくないように、支度できるように、と。

それで夫に言いました。

「エライ人ってみんな、靴が異常なくらいピカピカなんだよ」

「・・・へー、そうなんだ・・・」

ちょっと感心して興味を持ったようですが。



しかし、私は出来てない奥さんなので、
出張当日などに(革靴は出張時のみ)
「あっ!靴を磨いてない!ちょっと待って!」

と言って、慌てて磨こうとすると、

「遅い!もう時間ない~!」

と、夫にその革靴で逃げられることも何度かありました。

そのたびに、玄関で悔しさと後悔にまみれ。



そして、玄関をピカピカに磨いて気付きましたが、

靴がボロいと、玄関が台無し。

いくら家用のサンダルとはいえ、ボロい物があると薄汚くなる。
掃除の意味もなくなると気付き。

本当に足元って目に付く。
玄関掃除のついでに、いつも靴をチェックしようと
出来てない奥さんは思ったのでした。

なかなか完璧にはできないですけどね・・・


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。