プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
肌襦袢

ちょっと暖かくなりはじめた頃に
「肌襦袢を縫ってみよう」と思い、
和裁の本を見て、縫い始めた。

和裁初心者は、普通、肌襦袢から縫い始めるらしい。
「練習」「慣れる」ということで。

まあ、外から見えるものではないしね。
晒しは縫いやすい素材だし。

ずいぶん前だけど、着物の形のエプロンを縫った経験から
「肌襦袢なんて、簡単だろう」と甘く見ていたのですが、
これがもう、とんでもなくて。

私が買った和裁の本は、初心者用ではなかったため、
手をとり足をとり・・・という感じではなく、
「こんなことは当然わかってるよね?」みたいな
和裁経験者には常識的レベルのことは、飛ばしてある。

身幅の計算を間違えて、ほどき、
肩の切り込みが深すぎて、襟の付け位置を間違ってほどき、

多分、経験者には軽く一日か二日で縫えるものが、
全然すすまない。
一度縫ったものをほどくと、そのたびテンションが下がる。

独学の限界か?と思ったけど、
まあ何とか、もう少しで出来上がりそう。

写真は最後の難関、襟をくけています。

・・・・・・・・・・・・・・・

和裁は洋裁と違って、肩山を切り離さないため、
肌襦袢みたいな短いものでも、
裁断してみると「長っ!」と思う。

これが普通の長着だったら、本当にどれだけ長いのか。

160センチの人でも、女物ならおおざっぱに言って
身頃の部分は320センチ。
縫い代を入れれば、もうちょっと長い。

・・・・・・・・・・・・・・・・

昨年の夏に、
親戚の家が新築したので、お祝いに行ったら、
仏間に変わったテーブルがあるのに気付いた。

「あのテーブル、すごーく長いですね」
と言ったら、

「知り合いのおばあさんが、蔵を整理することになって、
 『何でも好きなもの、持って行って』って言われたの。
 『もう年で、色々整理しておきたいから』って。 

 それで、うちはちょうど家を建てるところで、
 『このテーブルいいですね』と言ったら、くださったの。

 お若いころに和裁の仕事をなさってて、
 その机なんだって。
 
 一枚板のすごくいいものみたいだから、気がひけたけど、
 『もらってもらえなければ、捨てるしかない』
 っておっしゃるので、遠慮しながら頂いてしまったわ」

和裁の机かー!

反物を延べるのに、それだけの長さがあれば、
お仕事しやすいですね。
仕事机とは言っても、戦前のものでモノがいいらしく
品良く、違和感なく、新築の家におさまっていた。

この新築の家を訪れる人はみんな、
新しい家と、このテーブルを褒めていくらしい。
それほどに、何かひきつけるものがあるのでしょう。

お仕事をして、お役御免をした机が
また新しい環境で、褒められて役に立っていくなんて、
なんて幸せなことだろう。
何十枚か、何百枚か、
美しい着物が仕立てられてきた机。

和裁士さんは、
反物を裁断する前に、七回はハサミを入れる位置を確認し、
間違ってないことを神様に祈り、
大安の日にハサミを入れるらしい。

すごくうらやましくなってしまって
他人のものを「欲しい!」って思うのは躊躇するけど、
これは本当に、うらやましかった、のです。
物語つきだよ。いいなあ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。