プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日かおとといだったか、
新聞の投稿欄を読んでいたら、
ちょっとうるっとくる記事が載っていた。

アメリカでのニュースなのか、ドキュメンタリーか、
がん病棟のこどもたちと、建築のお話の感想で。

小児がん病棟のとなりに、病棟を増築することになり、
病気のこどもが、その工事の様子を窓から見ていたという。

こどものひとりが、
窓に自分の名前をかいたところ、

工事をしていた青年がそれを見てウインクし、
鉄骨にその名前を大きくペンキで書いた。

その鉄骨はクレーンで吊り上げられ、
建物の一部になる。

名前を書いてもらった子は、
大喜びでそれを他の子たちに自慢する。

それを見た他のこどもたちは、
我先にと、自分の名前を窓に書き始める。

やがて、色とりどりのペンキで、
鉄骨に名前が書かれていく。

そして、
自分の名前が記された鉄骨が、
巨大なクレーンで大空に舞い上がる。


こんなお話に弱いこのごろ。
自由に動けない病気のこどもたちの、嬉しい気持ちが伝わった。
映画みたいだ。
名前を書いた、アメリカの工事の青年、

・・・粋であったかいね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。