プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お友達にお茶会(今回はお抹茶)に招待され、
気持ちだけですが、水屋見舞い持参で伺う。

ひなまつり茶会。

お茶20倍

お、今回は袴をはいた男性もお茶を運んでいらっしゃる。
最近は男性が増えてきたように思う。
ビジネスの関係や、建築家(お茶室の設計の勉強の為)の方、
陶芸家、お茶室でのんびりしたい方、色々な世界の方々。

しかし、お茶室でのんびりできるのは、
・・・けっこう遠い道のりだったりする。

畳の歩き方を習い、礼のしかたを教わり、
お菓子の取り方、茶扇子の扱い・・・

お茶を飲むだけではなかったりする。

その上男性は、若くても習い始めたばかりでも、
お茶会では正客
(乱暴に言うと、お客様の中で一番上座に座る人・お役目多し)
の席に座らされてしまう可能性が大きい。
勉強にはなりますが、厳しいですね。
このプレッシャーは、女性の比ではありません。

ところで、こんなことを言うのはナンですが、
男性が茶席に座ったり、お点前をすると
席がなぜだかビシッと締まる。
・・・どうしてだろう・・・
そして、女性ばかりのときより華やかになる気がする。

それはそうと。

昨年と同じく、「私の点てたお茶を飲んでね♪」
と友人にすすめられ、
正客の席に座るのは気後れしながら、座る。
正確に言うと、正客の席を含めふたつ空け、三客の席だけど、
おそらく場所的に、畳を突っ切ってまで、
私より前に座る人はいないだろうと
卑怯な目論見。

席でお点前してくれる友人のお茶を頂くには、
先頭の席に座るしかないのだ。
・・・でも座る度胸などない。
私がもう少し年配で、風格があれば、説得力があるのだけど。
全然ないので。

世間から見れば、けっこうな年だけど、
お茶の世界では50代でも若い方だから。

そして芳名帳に名前を書き、
続々と私の横に座りだす年配の女性たち。
「・・・うわ~、私、ヒンシュクかってないだろうか」
と気もそぞろ。
でもやはり、畳を突っ切って、正客の席に座る人などいない。
私のセコい目論見は当たった。
正客の席に座らずして、友人のお茶を頂けた。

友人のお点前が終了、後見さんのご挨拶もなごやかに終わり、
さて失礼しようと思って、茶扇子や懐紙を片付けていたところ、
視線を感じる。

横を見ると、連客さん一同が、
正座を崩さずに私を見ている。

「あっ!もしかして正客の挨拶を待って・・・」
(正客じゃないけど先頭)

あわてて膝を繰って(くって)
「・・・お高い席から失礼いたしました。
 ありがとうございました」

と、うろ覚えながら、
お正客役のお稽古でしか言ったことがない言葉を口にして、礼。
みなさんも礼を返してくださる。

大寄せ茶会は、隣り合うお客が見知らぬ人同士も多いため、
後見さんのご挨拶が終わると、
さっと身支度してお帰りになってしまうことも多い。

極端なことになると、お点前途中でも
お茶を飲み終わったら、すぐに帰ってしまう方もいらっしゃる。
(これはお点前してる人からすると、実は寂しい)
時間がなければしかたないが・・・

今回はたまたま、先生のお知り合いのような方々と
同席になったらしく、
最後まで改まった席になったようだ。
私は大寄せ茶会でも下座に座ることが多いが、
お客同士での全員の挨拶は記憶にない。
大体、お客同士は正客に挨拶せずに
三々五々、帰ってしまうのが普通だ。

冷たい汗が背中を伝った気がする。

本当なら、私の挨拶も言葉が足りない。
でもあんまり若輩者がゴタゴタ言うのもクドイしなあ・・・
慌てていたので、本来なら膝の前に置く茶扇子も出さないで
(すでに仕舞ったあとだった)
手をついただけだった。

今回、私は連客さんによって、初めての経験をした。
どんなときもドギマギしないで、堂々とできるようになるには
また恥をかいていくしかないのか。
「本番はお稽古の二十倍、身になる」というのは
本当である。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。