プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イベンター

また今年も恒例の、お煎茶の大寄せ茶会のお手伝い。
とは言っても、煎茶道のことも全くわからないので、
裏方のさらに裏方である。

着物を着て、表舞台(茶席)に出ているのは一部の人で、
見えない裏には、もっと人があふれている。

意外とお点前をする人というのは、入門間もない人も多く、
それより重責なのは、後見とか席主と言われる
主に挨拶をしたり、点前をしている人のフォローをする人。

お客様に道具の説明をし、座を和ませる話をし、
足が痛くて正座ができない人のために、座椅子を用意したり、
点前をしている人のアクシデント
(お湯をだーっとこぼしたり、道具を落としたり、
 お点前をど忘れした人に、そっと教えたり)のフォローをし、
茶席の中がすべてうまくいくように、神経を遣っています。

正客のご挨拶にもおこたえし、臨機応変な対応を迫られる
もっとも大変なポジション。
道具の名前(銘)は全て暗記です。
これはベテランの仕事。

裏の水屋は静かな戦争で、
お運び分のお茶を用意、お菓子も盛り付け、
お湯をどんどん沸かし、茶碗を洗い、温めて。
表の席に聞こえるといけないので、
物を言わずに、息の合った連携プレーです。

私は裏のさらに裏で、
お点前やお運びをする子どもたちのお世話で、
着物や髪やお顔を直したり、
(ちょっと唇に紅を差したりね)

お昼の休憩に来る人のお弁当を用意したり、
お茶をいれたり、ちょっとつまむお菓子やみかんを出したり、
水屋見舞いに来てくださる方々の接待をしたり、と
表からは全然見えない仕事をします。
楽屋仕事っていうのでしょうか?

その他、受付の仕事をする方もいますし、
お茶席は大勢の人の仕事で成り立っています。

これの総指揮はお茶の先生ですが、
いつも思うことは、お茶の先生ってご高齢の方も多いのに
どうしてあんなに体力気力があるのだろうと。

お茶席ひとつでも、用意するのには、
けっこうな準備期間がいります。
毎年違う趣向も考えなくてはならないし、
道具もいっぱい運ばなきゃいけないし、
手伝いに来る人への心遣いもしてくださいますし、

先生の先生もいらっしゃるので、
対応ももちろん必要だし・・・
私が総指揮だったら・・・と考えているうちに、
気が遠くなりそうです。

季節の気の利いたお花の手配もね・・・
季節に合ったお菓子の発注とかね・・・

それをさらりとこなしてしまう先生がた。
すごいイベンターだと、いつも思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。