プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
縫い物が好きな自分といえど、
何の下地も知識もなく、着物を縫うのは難しい。

和裁なんて、浴衣も縫ったことがないのだ。
学校でもやらなかった。

スティルになる前に和裁の本を買った。
これがまた専門的で、頭がクラクラする。
多分、ある程度和裁の勉強をした人用だろう。
本を間違ったようである。

でも、和裁の基本は直線縫いなのだ。
袷(あわせ)は裏もつけるので、
まっしろしろの素人にいきなり挑戦は難しいが、
単(ひとえ)なら、何とかできるのではないだろうか?
最大の難関は、曲線がある「襟」だと聞いている。

スティルになる前、
ある茶事(懐石、酒、濃茶、薄茶のフルコース)
に参加させてもらえることになり、
着物用のエプロンが必要となった。

お客側ではなく、もてなす方である。
何もかも正式にやるが、勉強会の意味合いが強かった。
私はもてなす方は初めてなので、ドキドキだった。

それで料理を準備のかたわら、お運びも振り分けてするので、
すぐに外せるようなエプロンが欲しかった。
いわゆる「割烹着」ではなく。

普通の割烹着は首の後ろにボタン、
腰にヒモという形が一般的ではないだろうか。

・・・しかしそんな悠長に、
二ヶ所も止めたり、外したりなどしていられないのだ。
私はこの場合新人で、右も左もわからないのに、
着ているものにモタモタしていられる身分ではない。

マジックテープで、一発で取り外せて、
ちょっと人目についても、一瞬「着物?」
と見間違えるような柄がいい。

形も着物がいい。
裾も着物の丈、いっぱいまで欲しい。
着物も帯も外に出ず、全部隠れるデザインがいい。
お点前の前に、料理をしていて
襟に何かはねたりしたらいやだから。
それに、前開きがいいのだ。
もちろん、袖にはゴムが入って。

しかし、そんな都合のいいデザインのエプロンなんて
どこを探しても売っていなかった。

だったら自分で作ろうと、和裁の本を買ったのだった。

和裁には洋裁にない特徴があった。
「きせ」
縫い目が見えないように、つなぎ合わせる布のどちらか、
あるいは両方を、5ミリほど縫い目に被るようにする。

きせるので「きせ」なんだろうな。

着物ってすごくうまくできてる。
女性の着物には「繰り越し揚げ」という部分が背面にあるが、
衣紋を抜く関係で、
丈的に余分になった布を切らないまま、縫いこんである。
これがあるから、
着物の前後を入れ替えて、また同じ身丈で仕立て直せるらしい。
最初からリフォームを計算に入れて、設計されている。

誰が考えたんだか、日本人の知恵というか・・・
かっこいい!

着物は、四角い布に切り込みだけ入れて、
うまく縫い合わせ、着るものにしている。

だから、洗い張りするときなども、ほどいて、つないで
一枚の反物に戻るのだ。

これを知る前は、実は前の襟の三角のところなど、
切り取ってあると思い込んでいた。
余分は襟の中に縫いこんであると、自分で着物の形のものを
初めて作ってみて知った。
袖下の丸みも、縫い縮めてあるだけで、丸く切っていない。

お下がりや古着などで、おはしょりを作れない短い着物は
対丈(ついたけ)になるように、内側に縫い込んだり、
おはしょりがどうしても欲しければ、
なるべく下の方で腰紐を締めるか、
着物の帯で隠れる場所を切って、
別の似た布を足し、長くできる。

長すぎる着物は、着付けのときに、
腰紐を上下二ヶ所にすることで、
おはしょりの長さを調節でき、どうにでもなる。
(裄だけは、着付けだけでは何ともならないが)

帯の下には色んなワザが隠れている。
たった15センチ幅ほどの帯の下で、着物の辻褄は合わされる。

エプロンですが、初心者らしく
「襟がヘタ~。やっぱり難しいでしょ」
と母にダメ出しされましたが、
不思議なことに、
着てしまうと意外とわからないものなのです。

着物を着ていた昔だって、
裁縫上手な人ばっかりではなかったはず。

普段着はきっと、
自分で何とかがんばって、縫っていた人もいるでしょう。
適当に最低限のお針で済ましてしまう人もいたはず。
多少のアラは、昔の方が気にしなかったような気がするんですよ。
何となく。

着物のエプロン
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。