FC2ブログ

プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失神幹事1

退職された先生の会についてのことばっかり書いてますが、
本当にこのことしか書けない状態で。

何度も打ち合わせを重ね、
男子幹事と意見の食い違いで
いい年をして大喧嘩したこともありました。
長年のつきあいですが、
これでもう私たちは終わりか、とも思ったくらい壮絶な。

なんだかんだ乗り越えて、当日。

なんせ20余年ぶりの同窓会のようなもの。
メンバーも担任してもらったとか、部活でお世話になったとか
先生にゆかりのある人がほとんどですが、
メンバー同士がバラバラのグループなので、
盛り上がるかどうかが、最大の心配ごとでした。

しかし、そんな心配は見事に杞憂に終わる。

用意した食事にはほとんど手がつけられておらず、
ビールや他の飲み物は、予想をはるかに上回る消費ぶり。

私は幹事をしたことがないので知らなかったのですが、
しゃべりっぱなしで喉が渇くので、無意識に飲んでしまい、
食べるひまがないと、こういうことになるらしい。
それと、盛り上がって注ぎまくるとか。

(酔いすぎちゃったけど、大丈夫だったかな?
 というメールや電話が、後日いくつかきた)


そして最後に男子幹事が、シメの挨拶と二次会のアナウンスや
注意事項を前に出て伝えているというのに
ガヤガヤザワザワしていて(というか、爆音並み)
後ろにいた私たち女子幹事には全く聞こえない。

「『ちょーっと!静かにして、大幹事の話を聞けよ!』
 って、あのとき思った」
と、落ち着いた三次会で男子幹事に苦笑いで伝えたら、

「オレもあのとき、『お前ら話を聞けーっ!!!』って思ったけど、
 あの騒がしさで、『・・・この会は成功だ』と確信した」
と、ホッとしたように笑っていた。


しかし最初にアクシデントもあった。

出席者は最初に、用意した紙に名前や連絡先など、
他に、二次会出席かどうか、
お酒を飲まない人は車を出してもらえるか、
郵送する名簿に情報は掲載して良いか、
などを書いてもらうのだけど、

「どうしてこんなもの書かなきゃいけないんだ。
 まあデタラメ書いておけばいいか」

と言った男がいた。


          ・・・長くなりましたので、後日続きを。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。