FC2ブログ

プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「疑われる」ということが、こんなにキツイとは。

学生時代の恩師が定年で退職となり、
同級生でお疲れ様会を開くことになった。

しかし、大元の幹事さんはハガキではなく
電話で連絡をとろうとしていたらしい。

そして幹事さん、急な用事で幹事を降りる。
先生のスケジュールと会場はすでに押さえてあるらしいので、
もう中止にはできない。

最初、私は諸事情で欠席の予定だったのだけど、
(この季節、スティル発症の時期のせいか、最近関節が痛い。
 ちょっと怖い)

もう開催まで時間がない。
仕事を持ってて大変そうな
臨時の幹事さんの電話連絡を手伝っていると

「?トリルは出席しないのに、連絡だけじゃーねー(笑)
 説得力がないよねー?(笑)んー?(笑)」

なんて言われちゃったりして。

「・・・わかった。出席するから」

と、何だかよくわからない展開に。
もう乗りかかった舟だわ。

しかし、古い名簿を上から順番にかけていっても、
お嫁に行ってしまった子が多く、ご実家の方が電話に出られる。

事情を話しても、けげんそうな返事。
このご時世、ホイホイと嫁ぎ先の電話番号など
教えてくれるはずがないことは、百も承知で。

親御さん「こんな時間に」
(いや9時半なんですが、遅いですか?すみません)

親御さん「うちの娘が嫁に行ったことも知らないくせに、
     突然電話されても信用できないし」
(いや、全員の事情をリアルタイムで把握するのは無理です)

ものすごく怪しい人だと思われている。
怪しさ、山の如し。

そして

「こちらの連絡先を申し上げますので、
 ○○さんにお伝え願えませんか」作戦でも
電話はかかってこない。

私は普通の生徒であったし、信用もまあまああるはずなんだけど、
もう頭からクラスメイトの名前を騙った
「個人情報集め」か何かと疑われてるので、
伝えてももらえてないらしい。

それか、
「怪しいやつから電話があった。
 かけるんじゃないぞ」
とか言われちゃってるんだろうと思う。

ある程度親しかった子は、お母様も私をご存知なので、
こちらも個人的な学生時代のエピソードなどさりげなく織り交ぜ、
「怪しくないです!トリルです!トリル!」と思い出してもらい、
これは成功。
あっさり連絡が取れる。

でもお母様が教えてくれようとして、
アドレス帳などを探してくれていると
お父様が「そんなの本当に同級生かわかったもんじゃない!
     簡単に教えるな!」とおっしゃる声が丸聞こえ・・・

なこともある。

電話代と時間と労力を使って、疑われる。
今、人生で最大に疑われている。

むなしい。

今日の打ち合わせでは、その場にいた幹事さんが電話をかけたら
「息子は○○に住んでいるが、連絡先は知らない」
と明らかに警戒されていた。

「・・・私ら、何か悲しくない?」

しかし、連絡しまくって気付いたけど、
遠くにお嫁に行ってしまった子ほど、電話をすごく喜んでくれる。

「ありがとう。わざわざ嬉しい。地元から離れて孤立した気がしてた」と。

「遠いから出られないけど、お花だけでも贈りたいから、会場を教えて」

とか。

ちょっと泣きそうになる。

ちゃんと全員に連絡しなきゃ。
「他の人にはあったのに
 自分のところには連絡がなかった」ってすごく悲しいから。

自分がその立場だったら、
「もう同級会なんて一生出ない」と思うほど悲しいもんね・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。