FC2ブログ

プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年度、地域の役員などをふたつ引き受けている。
ひとつは温情で「補欠扱い」だけども。

しかし・・・「役員」というか「当番」
こんな病気を抱えている自分には、ある意味博打かもしれない。
(大げさか?)

「大丈夫?」

と体のことを聞かれたけど、

「何とかやってみます」

と大見得切ってしまった。

そんなに忙しくない感じだったし。
今は痛み止め以外、薬も飲んでないし。


しかし!私の読みは完全に外れていた。
年度頭ということで、会議の連続。

+書類作り。

書類はPCのメールに添付されてくる。
時代は変わった。
ひー、何枚あるの?

怒涛の法事の前後はさすがに頭が回らなくて、
夫に作ってもらった。

夫「何でこんなことが難しいんだよ?」

トリル「ち、違う~!法事で疲れて文字が頭に入ってこないんだよ~」

本当に、自分の頭がどうかしたのかと思うほど
何もできなかった。

今までの役員さん、陰の仕事をいっぱいしていてくれたんですね。
本当に気が付かなくてすみません。

そして(夫が)書類を完璧に作り、私が会議で意気揚々と提出。

ふふん(鼻息)、とふんぞり返っていたら

「会費、集めまーす」

はい?会費?

隣の人に「会費って、前の会議で集めるって言ってた?」

「うーん、言ってないけど、メールでまわってきたよ」

メール?携帯の?

慌ててさかのぼって見てみたけど、入ってない。

とりあえず、急いで計算して自分の財布から立て替えておく。
おー、良かった、足りた。
でもかっこわるー。

メールはPCの方に入っていたらしい。
たいてい携帯に「PCに詳細を送りましたので見てね」
ってフォローが入っているので、油断してPCのチェックを忘れた。

家に帰って夫に

「書類は完璧だったけど、会費を準備していくの忘れた・・・
 知らなかった・・・というか、確認ミス・・・」

と、うなだれたら

「前に会議で『会費集める』って言ったぞ?」

と不審な顔をされた。

前の会議では、あまりにも私が疲れきっていたので、
夫が同席したのだった。

でも、言ったの?言わなかったの?どっち?

どっちでもいいけど、とにかく油断してしまった。

最近は、色々なことを忘れる。
人の話も頭に入ってないようである。

何か・・・危なくないか?

先日は「ゴミを出さなきゃ」と思って、まとめて玄関に置いたのに
違う用事の段取りを考えながら違う出口から出たら、見事に忘れ、
戻ってきて、ボン!と置いてあるゴミを見てビックリ!

何というか、考えすぎて、結局全部が上の空なのかもしれない。

さすがに色々用心して、思いついた用事をカレンダーの余白に
気がつくたびに書き込んでいる。

そのせいで、カレンダーはものすごく汚いことになっており、
誰かに見られたら恥ずかしい。

寝室のカレンダーだからいいか。

ケータイのカレンダー機能も便利みたいで、
登録しておけば知らせてくれるけど、
それは当日の話で、

やっぱり、手帳と普通の紙のカレンダーが
ずーっと先の予定を調べて、
前もって準備することを確認することができて
アナログながら、自分には合ってる。

あっ、この日は改まった服が要るな、とか。
イベント前に電話連絡で念押しした方がいいな、とか。

今までは、白い欄が目立った手帳のページが、
4月から別の人用みたいに黒っぽく・・・
見るたび、クラッとする。

去年の仕事以来、たくさんの人に会う機会もそうはなかったのに
4月からは名前も知らなかった人たちと話しまくっている。

脳に喝を入れなければ。
体調を管理して、今年度一年がんばってみよう。

フォローしてくださる方々の温情が身にしみる。


あとは、カレンダーに書き忘れることがないことだけ・・・祈る。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。