FC2ブログ

プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと前に誘われて、お出かけしてきた茶会。

大規模な茶会だった。

抹茶も煎茶も複数の流派がそれぞれに席を出す。
全部は絶対回りきれない。

時間的にもそうだし、

「ねえ、全部回って、お茶は飲めるとしても
 お菓子が食べられないよねえ?」

「・・・全部食べるなんて・・・太るよ!ダメだよ!
 懐紙に包んで持ち帰らないと」

という会話も聞いた。

「じゃあ、何で全部回ろうと思うのよ?」

「だからあ、お道具とか掛け軸を見せてもらうんじゃないの。
 ”掛け軸がご馳走”って言うでしょ?」

・・・そうなのか・・・知らなかった。

掛け軸には、そのお茶席のテーマが書かれている。

でも・・・掛け軸がいつも流麗な字で読めない。

慣れた人が言うには、茶席で掛けられている言葉は
季節ものや、季節に関係ないもの(喫茶去とか、日々是好日とか)
全部含め、決まりものが多いので、
慣れればなんとなくどんな達筆でも
「アレだな」とわかってくるものだとか。

でも!「慣れれば」なんて簡単に言うけど、
それでもけっこう、言葉はいっぱいあるような気がする。

読めなくても、どうしても知りたければ、
正客が席主に質問するから、耳を澄ましていれば聞ける。
正客は自分が読めても、
みんなのためにうまーくそのあたりを質問する。

しかし、茶席ではメモを取ってはいけないので、
お茶を頂いている間にすっかり忘れる。
終わってみると、
覚えているのは、お菓子の味と形状だけだったりする。

別室に道具だてを書いた紙を置いてくれたり、
配布してくれたりすることもあるけど。
それを見て、「そうか!○○がテーマね!」と気付くこともある。


今回は微妙な時期だった。
桜はまだ少し残っているとはいえ、たいがい散っていて、
桜をテーマにできない。
満開だったとしても、少し季節を先取りする茶席では遅い感じ。

しかし、先取りとは言っても、5月の節句にはまだ少し早い。
散り残る桜を前に、初夏もちょっと謳いにくい。
さあ、どうする?

桜の茶碗が出てきた!
おっ?と思っていると、

「山桜でございます」

・・・うまい。

そのころちょうど、吉野の桜が満開寸前という時期。

澄ましておっしゃってから

「実はちょっと道具だてに困っちゃいましてね」

と内情をバラして、笑いを誘っていた。

大きい茶会はもちろんひと席に集まるお客も多く、
水屋はタイミングを見て点てるのが大変。
たいがい早く点てすぎて、ぬるかったりするのでつらいのだけど、
今回はちょうどいい温度で、タイミング良く運ばれてきてびっくり。

友達と小声で

「いい温度だよね」
「なかなかないよね」

と、ちょっと感動。

私は、お菓子が好みでなくても全然かまわなけいけど
(そりゃあおいしいに越したことはないけど)
お茶がぬるいのだけは、本当に悲しくなってしまう。

ぬるい位なら、茶碗が熱くて持てない方がマシなくらい。
お茶の味が壊れるけど。

たまにお茶を飲んで「これは○○の△△ですね?」
と、詰め(お茶屋の名前)と銘柄をピタリと当てる人がいるけど、
心底驚嘆する。

道具だての話に戻るけど、私がお稽古で苦労したのは
濃茶の仕覆(しふく:濃茶器にかぶせてあるきれいな袋)
の名前を言うときだった。

お稽古で道具を紹介する練習がある。
覚えるまで、毎回この仕覆を使わせてくれた。

「格子文様蜀江錦でございます」

仕事場に小さなメモを貼って、休み時間にぶつぶつとつぶやいていた。

こうしもんようしょっこうにしき
こうしもんようしょっこうにしき

長いよ!
当時、初めての仕覆だったのに、名前が長いよ!

・・・でも席主さんは何を聞かれても、さらさらと答え、
毎回道具も違うだろうに、本当にすごいと思う。

私は茶席で珍しいお道具に目を奪われ、
名前をひとつかふたつでも覚えようとがんばり、
友達は「挨拶を勉強したい」と席主の話す季節の挨拶に
ひたすら耳を傾け

「・・・そうか・・・そう言うとぴったりくるのか・・・」
としきりにうなずいていた。

同じ茶席に出ても、覚えてくることは違い、
お客個人の心の中の課題も人それぞれ・・・

本当はのんびりとおいしくお茶をいただくのが一番だと思う。
しかし、リラックスしてるようで、
面白い席に煽られて帰る繰り返し・・・

今回は「春の野山にピクニック気分で」という感じがテーマでした。
あっ!だから水指を置いた台子が蝶の形!
今気付いた!

で、結局掛け軸の字は読めませんでした・・・


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。