FC2ブログ

プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指輪のお話

以前、
「スティル退院後に関節が太くなったことに気付き、
 焦って病院に行った」
という記事を書きましたが。

リウマチに移行?かと思いましたが、
血液検査をしてもそこまでの数値は出ず。

指に痛みはないので、そのままにしておりました。
今も太いままです。

先日、掃除中に棚のアクセサリーボックスを何気なく覗き、
「婚約指輪は立て爪で、
 いまどきじゃないから埋め込みに直そうかな~。
 そしたら普段にも使えるし」
と思い、ふとそこに一緒に並んでいた結婚指輪を嵌めてみたら

はいらない。

薬指に、はいらない。

結婚指輪は普通いつも嵌めているものなのでしょうが、
お茶のお稽古のたびに外していて、失くしそうだったので
いつの日からか、つけなくなってしまっていました。

ご存知だと思いますが、お茶のお稽古やお茶会では
指輪はもちろん腕時計、
固い髪留め、ネックレス、帯留めなどはNGです。
洋服の場合、前ファスナーもできれば避けたい。

当たるとお茶碗などに傷がつくから。
髪留めも頭から落ちて、
器などを破損する可能性があるので、気をつけています。

指輪で思い出したお話。

中学だったか高校だったか。
同級生が学校で
指に水道の蛇口の口金(口金が外れるタイプ)を
指輪がわりに指にはめて遊んでいました。

蛇口の指輪はステンレスでかなり大きく、遠目にはキラキラ光って
私たちは
「何か・・・きれいだよね。でも指が閉じられないほどデッカイね」
と、見ながらアレコレしゃべっていました。

しかし、これが外れなくなった。

力まかせに抜こうとしても、びくともしない。
石鹸をつけてすべらそうにも、すべらない。

大騒ぎで病院に運ばれましたが、病院では
「消防署に行ってください」との回答。

消防署には、こういうものを切る機械があるらしい。
今思うに、レスキューで使うものでしょうか?

私たちは「へえ~、消防署なんだ・・・」と当時勉強になったのですが、
当人はただ遊んでいただけなのに、かなり不本意だったことでしょう。

そして消防署で無事に切ってもらい、
彼は照れくさそうに教室に帰ってきました。
少し叱られたようでしたが。

関節が太くなって、はめられなくなった指輪を見ながら
なぜかふとこんなことを思い出してしまいました。
関節が目に見えて太くなったのは、スティルの影響?
それとも・・・加齢・・・?ちょっとイヤですが・・・
結婚指輪も直さないといけなくなりました。
というか、昔の指輪は全部直すことに・・・

まとまりがなくなりましたが、
あわただしく、
2007年最後の記事になりました。

お読みいただき、ありがとうございました。
よいお年を。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。