FC2ブログ

プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・歌謡曲

ここ1ヶ月くらい、ラジオを録音して聴いている。
テレビ番組名で言うと、もう終了してしまったけど、
「歌の大辞テン!」みたいな、懐かしい曲を振り返る番組です。
洋楽も邦楽も。

1980年代が一番自分にはストライクなんだけど、
1990年代になると、曲は聴いたことはあるけど、
胸にズシンと来ない。

1980年代が一番思い出が多いんだろうな。
というか、もうシャレにならないほど、当時にトリップする。

その年の流行りものやニュースも、パーソナリティが話してくれる。
聞けば「ああ、そんなことがあったよね」と思う。
しかし、歌のパワーにはかなわない。
そのころあったことが、走馬灯のように(?)
勝手に脳内でビデオのように流れ出す。

  「走馬灯のように」って言葉は、死ぬ間際の回顧しか使えない?

アルバムの写真なんて、ほんの1ページって感じ。
何でこんなことを思い出すんだろうってほどに。
脳のどこに記録されているんだろう。

あまり好きでなかった曲まで歌えたことにビックリしたし。

何回か引越ししたけど、その曲をどこで聞いていたか、
何をしてたか、誰といたか、しっかり思い出せるし。

歌を作る人も歌う人もすごい。
聴いた人の当時の記憶を、その曲にパッキングしちゃうんだから。

胸がズキズキするのを承知で、聴いてしまう。
レコードとかCDとかを自分で用意するのと違う、
ラジオで不意に流れてくる好きな曲は、すでに持っていても
「あっ、ラッキー!」と、なぜか思ってしまう。

ところで私は思う。
ラジオは日替わりで司会なんだけど、
同年代のオバチャンパーソナリティーの日の方がいいな。
新人パーソナリティーは、
特集の年によっては、まだお産まれではなかったりして(若い!)
色々紹介しながら、本人は面白くはないだろうなって考えてしまう。
こういう番組は、ある程度オバチャンの方がいいと思うよ。

・・・古い曲が聴きたいなんて、自分も年取ったなあ。
でも「あの頃をやり直せたらな」とは思っても、
「戻りたい」とは思わない。
若いときって楽しかったけど、苦しかったなと思う。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。