FC2ブログ

プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ショールを車のドアにはさんで汚してしまったので
クリーニングに出した。

そして、返ってきたショールに紙がはさんであった。

何だろう?

「地球に思いやり 温かな衣生活」

ということで、「暖房に頼りすぎず、衣服を工夫しよう!」
という趣旨のことが書かれていた。

衣類は、汚れると線維の隙間の空気層が覆われて
断熱効果が失われてしまい、保温性が低下する。
それに加え、湿気を吸いやすくなるので、
体温が奪われてしまうそうだ。

「服はまめにクリーニングをしよう!」
という、半分宣伝のようなものだとは思うけど、
「汚れた衣服は寒い」ということにちょっとびっくりした。

「汚れた服は衛生的に問題がある」
としか、考えたことがなかったから。

でも言われてみればそのとおりで、
せんたくしたての清潔な服は、軽く、温かい。
私は冷え防止に絹の五本指靴下健康法や
レッグウォーマーのお世話になっているけど、
取り替えると温かくてホッとする。

寒ければつい暖房のスイッチを押しがちになるけど、
南極の氷が溶け、地球の温暖化はじりじりと進んでいるようだし、
せんたくしたての服で暖がとれるなら、工夫して重ね着をして
ちょっと暖房の温度を下げようか。という気になった。

灯油も高いことだしね・・・
経済的にもね・・・

登山用の下着が温かいという話もどこかで読んだ。
スポーツ用品店にあるのかな?
かなり寒いんで(寒がり)、ちょっと探しに行こう。
冷えは万病の元。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。