FC2ブログ

プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


2週間前位から右目の下が赤く腫れ、
眼球も下まぶたも充血してチカチカと痛い。

視界が白くなって、少しだけ白い目ヤニみたいなものも出る。

「ものもらいかな?でもそれらしいものが見当たらないし」
と鏡を覗いては、市販の目薬を注して様子を見ていたのだけれど
一向に良くならないので、心配になって今日眼科へ来た。
引っ越してから、初めての眼科。

持病で「マイボーム腺機能不全」がある。
しかし、前は目ヤニがすごかっただけで、痛くはなかった。

忘れていたマイボーム ←以前書いた記事

今回もさっそく眼圧・視力などの検査をして、
診察前の助手さんの問診のときに
「『マイボーム腺が詰まりやすい』と
 前に住んでいた所のお医者さんに言われたことがあります」
と伝えた。

診察室にて。

「えっ、2週間も前から痛いの?
 変だと思ったらすぐ来なきゃ~。原因がわからなくなるわよ」
と女医さん。

真っ暗な診察室で、台にあごを乗せたところ、
後頭部を看護師さんがつかみ、
私のおでこをバーにガッチリ押しつける。

トリル(えっ、な、何?
   大人だから動いたりしませんよ・・・?)

まぶしいライトの向こうから、女医さんが
細い針のようなものを持って迫ってくる。

トリル(ちょっ!いきなり何をす・・・
   あっ、このために頭をホールド?)

女医サン「上見てて」

ギャーッ!


下まぶたをめくり、チョイっと何かを刺してすくい上げ、
看護師さんに針ごと渡す。

そしてまた次の針。
手品師のように、いつの間にか女医さんの指につままれている。

チョイ。

何か持ち換えてピッピッ。

女医サン「はい、次、左目」

また針でチョイ。特に痛くはない。

頭のホールドを解かれ、イスの向きが変わり
女医サン「目線まっすぐで遠くを見て・・・」

両目に順番にライトを当て、大きなレンズで凝視し
何か数字を次々つぶやく女医さん。
看護師さんが横で書き込んでいるようだ。

女医サン「はい左目正常。右目○▲□・・・(←わからなかった)
    ・・・もういいですよ」

ずっと息を止めてたかもしれない。
あー、びっくりしたー。

女医サン「脂の腺が詰まって狭くなっていたので、取りました。
    あんまり目に触らないでね。
    逆まつげも少しあったので、抜いておきました。
    もう痛くないでしょ?」

固まりを取ったのかー。はー。
なんと手際のいい・・・
痛くないか、目の下に触れてみようとしたら、

女医サン「だーかーら!さ!わ!ら!な!い!」

あっ、そうでした。つい。

女医サン「触ると刺激で余計に脂が出たりするから。
    目薬2種類出します・・・
    ・・・ところで、結婚・・・してますね?」

えっ?結婚って、目と何の関係が?

女医サン「してるんですね・・・
    月のものはいつでしたか?・・・そうですか・・・
    えーっとじゃあ、あの薬はやっぱりやめておくか・・・」
    目薬2種類だけでいいですよ」

ちょっ、「あの薬」って何???
あっ、もしかして女性ホルモン剤とか?
詳しく聞きたいけど、ここは患者が多くて迷惑になるなあ。

目薬は 先に注す コリナコール
    後に注す 0.1%フルオメソロン(ステロイド)

を1日4回1週間だけで、様子を見るとのことだった。
それ以上、目薬は勝手に注してはいけないらしい。
これは根本的に治すわけではなく、あくまでも対処療法である。

症状は前よりひどく「マイボーム腺梗塞」
本当に詰まってしまったようだ。

体質的にマイボーム腺が詰まりやすい人が、
一定の割合で存在するらしい。
原因不明で治療法も特にないけど、
エストロゲン(女性ホルモン)の分泌にも関係しているのでは?
という推測があるそうだ。

だから、ホルモン剤を投与するかどうか女医さんは考えたのかも・・・
私の勝手な推測だけどね・・・

領収書の内訳に「手術料」とあった。
おー、あれは確かに手術だよ。
怖かったよ・・・



スポンサーサイト

タグ : マイボーム 女性ホルモン コリナコール フルオメソロン

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |