FC2ブログ

プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は姿勢が悪い。
はっと気が付いたときに背筋を伸ばしてみるんだけど、
いつのまにか、丸まっている。

思い立って、背筋を伸ばすインナーを買ってみた。
着用した瞬間は「おっ、伸びる!」と思うのだけど、
いい姿勢は長続きしない。

自分の姿勢をよく観察してみると、
背筋がどうこうというより、腰のあたりから
前傾しているように見える。
そういえば「腰を伸ばしなさい」と言われたこともある。

姿勢が悪いと呼吸が浅くなるし、内臓にも良くないですね。

以前、着物を着たときに
「おっ、腰のあたりがとっても気持ちいい」
と思ったことがある。
なんとなく姿勢も良くなっている気がする。

その帯の硬さと着付けがうまくいったせいだと思う。

着物は母と同居していたときは、母が着せてくれたけど、
ひとり暮らしになってからは、自分でやるしかなかった。

会社に着付けの先生が来てくれる講習があり、
これがまた安価で大盛況。
若い女性から、パートのおばちゃんまで、
和室できゃーきゃー騒ぎながら練習した。

先生は「はいはい!鏡は見ないで着られるようにしてね」
とおっしゃる。
「そうしないと、
 明かりも鏡もないとき、着られなくなっちゃうでしょ?」と。

それはどんな状況だろう・・・
まあ、いいか・・・

私は子どもの頃、
大人の女性はみんな自分で着物が着られてすごいなあと思っていた。
大人になれば、自然に身に付くものだと思っていた。

これが大間違いだった。
今思えば当然だけど。

母親世代だって、着物で毎日過ごした人は少ないだろう。
そういえば私の母も、習いに行っては家で練習していた。

私は会社の講習に3度くらい出て、その後行けなくなってしまった。
部署が変わって忙しくなってしまったからである。

それに着物を着るのは慣れていないと重労働で、
仕事で疲れた後に、とても気力が湧かなかったこともある。
その上着物や襦袢や帯は、運ぶにはわりと重いものなのだ。
へんなシワがつくからやたらと折れないので、包みは大きい。
足袋や帯揚げ帯締め、帯枕など、小物もいっぱい。

メンドクサイ。
着付けは挫折しかかった。

しかし、茶道に和服は必須。
もともとそのために自分で着ようと思ったのだ。
お茶会準備は朝が早い。
着付けと髪のセットで美容院に行くにしても
早朝料金で割り増しだ。
自分でできれば、時間もお金も節約できる。

茶道は若い頃、遊び廻るか家でぼんやりしている私に
「ダラダラしているんなら、お茶とお華くらい習いに行ったら!」
と母に叱られたからだった。

それでイヤイヤ始めたのに、意外にもハマってしまった。
魔性の習い事である。特にお茶。

お軸は読めない、畳の部屋の正しい歩き方もわからない、
お菓子を取る黒文字も満足に扱えない私に、
先生はときどき大笑いしなから、何度も根気よく教えてくださった。

お稽古は、お点前だけ習うわけではなかった。

お茶って、よくお点前ができるかどうか言われるけど、
それは全体から見ると単なるパーツで、
茶花の知識はいるわ、お香もやるわ、懐石は作るわ・・・
他にも色々あるけれど、
何か一つに手をつけると、複数のドアがばんばん開いて
魅惑の世界へ引きずり込むという、楽しくも恐ろしい道だった。

着付けの練習は、着物好きな人がコツを教えてくれた。
「一気に全部やろうとするから疲れるのよ。
 テレビを見ながらでもいいから、帯なら帯だけ練習する。
 手が覚えるまで、少しの時間でいいから毎日ね」

私の場合、誰にも手伝ってもらえない、ひとり暮らしが幸いした。
背水の陣で、自分でやるしかないので、
追い詰められ、教本を見ながら大量の汗をかいて、
何とか一応のことはできるようになった。
色々恥もかいたし、まだとても下手だけど。

スティルになってからは、正座もつらくなってしまったけれど、
着物くらいはちょっと着て、おでかけしてみようかなと思う。
姿勢も良くなるし、絹物は体にも良いし、気分もいいよね。きっと。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。