FC2ブログ

プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

睡眠貯金2

睡眠貯金1の続きです。

---------------------------

行方不明の通帳の記録はあるのかないのか?

郵送されてきた封筒は、
受け取るのにサインがいる郵便だった。
この段階でもなかなか厳重である。
通帳を作った当時と住所も変わっているし、
現物がないと、本人確認が大変なのだ。

内容は

-お探しだと思われる通帳の記録がありました。
 同封の解約届の用紙に必要事項を記入して、
 照会を依頼した郵便局にお持ちください-

みたいなことが書いてあったと思う。
例の通帳は、幻じゃなかったんだ。
睡眠貯金の通帳はもう普通に使うことはできなくて、
もちろん再発行もしないし、解約するしかないのだそうだ。

トリル「で、いくら残っていたのかね?(ワクワク♪)」

夫「・・・書いてない」

書いてないのー?焦らしますね。
まあでも、やたらと金額が書いてあっても危険なので
当然といえば当然か。

夫は平日に窓口に行けないので、委任状を書き
私が書類を持っていく。
私の身分証明書もコピーが取られた。
またしてもかなり厳重である。

このあとは書類が受理されれば、
残金額が打たれた小切手のようなものが郵送され、
どこの郵便局の窓口でも換金できるということだった。
それで終了となる。

あとで、この通帳を作った元住所に、確認の電話があったと知った。
夫の場合、
夫がそこに住んでいたことを証明してくれる人がいたので良いが、
もし電話番号が廃番、あるいは誰も、
夫がそこに住んでいたことを知らない場合はどうなるのだろう?

睡眠貯金は全国で、総額2000億円を超えているらしい。
取引がなくなって10年目に一度
「睡眠貯金になりました」と連絡が行き、
それからさらに10年を超えると、通帳は無効となり
お金は国庫に入ることになっているらしい。

使われない通帳を管理するのも、コストがかかるということなのだ。
郵政民営化となった今は、またどうなるのだろう。

二度目の書類を提出して、また3週間くらい後。
夫が郵便局からの封筒を、私の前にそうっと置いた。

トリル「あっ、例の書類が通ったの?いくらだった?」

夫「・・・・・・・・・」

夫は無言でダッと部屋を出て行く。
封筒を開けると、小切手のようなもの。
そこに打ってある金額は。

金額は。

一万円どころか、300円にも満たず・・・腰が砕けた。
郵便局に通ったガソリン代にもならない。
書類をいっぱい書き、
通帳がないので、郵便局の人にさらに手間をかけさせて。

換金に行って、窓口に人にグチった。
「手続きがんばったのに・・・この金額・・・」

最初から最後まで面倒を見てくれた局員さんは
「でも、貯金はお客様の大事なお金ですから。
 無事確認できましたし、良かったですよ」
と言いながら、
私の不満そうな顔を見て、笑いをこらえていたような。

受け取ってきたお金を差し出した私に、夫は超笑顔で
「ご苦労!そのお金は君にあげよう♪」と言った。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。