FC2ブログ

プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

睡眠貯金1

「女の本質は、その人の裁縫箱を見ればわかる」
と言った人は誰だっただろう。
その言葉を聞いたとき、私はギクッとした。

裁縫は好きなんだけど、色々詰め込みすぎて
決して整頓ができているとは言えない状態。

引き出しがいっぱいあって
けっこう大きい裁縫箱なんだけど、物が多すぎて蝶番がおかしくなり
上蓋がきちっと閉まらなくなってしまったのである。
これで女としての本質を判断されるとつらいものがある。

女は裁縫箱だけど、男にあてはめると「工具箱」だろうか?
夫の工具箱は、見惚れるほどキチンとしていて、
私がそこから何か借りたりして、元の位置に戻さなかったりすると
ものすごく怒る。

「必要なときにすぐ出せないとイヤなんだよ!」

そんな夫であるが「独身時代の貯金通帳を多分失くした」と言う。

信じられない!
そんな大事なものを失くして、なぜほったらかしなのか!
それに「多分」とは何だ!「多分」とは!

かなり前のことで、失くした記憶もあやふやらしい。

裁縫箱はムチャクチャでも
お金まわりだけは、ものすごくキチンとしている自分。
家計簿もばっちりつけている。
「人間の本質は通帳管理でわかる」と言ってもらいたいものだ。

トリル「ところで、いくら入ってたの?(ドキドキ)」
夫「忘れたけど、一万くらいは・・・
  あっ、でも独身時代の貯金はオレ個人のだから!
  何、ワクワクしてんだよ。お前にはやらないよ~」

はいはい、そうですね。

一緒に郵便局へ行って、どうすればいいか聞いてみる。

局員「だいぶ前に失くされたんですか。
   10年はたっている?
   では睡眠貯金になっている可能性がありますね。
   取引がなくなって10年たった時点で、お知らせが行くんですが
   ご覧になった覚えは・・・?ないんですか。
   ああ、引っ越されて、通帳の住所変更をしてなかったと。
   通帳を盗まれたということはないですか?
   ない?ないならいいです。

   印鑑もどれかわからない?
   では書類に当時の住所や、今持っている定期などの番号を
   わかる限り全部書いてください。
   それと、本人確認ができるものを」

印影は
「これじゃないか?と思われる印鑑で良いから押して」と言われて
「多分これだと思う」と夫が自信なさげに印鑑を出す。

照会願いと通帳紛失の届出書類も書くので、
2、3枚は書いたと思う。
やっぱり現物がないと、手続きは大変だ。

すぐに照会でわかるかと思ったら、通帳本体がないので、
本部に確認を取るとかで、後日結果が郵送されるという。
もちろん金額もその場では確認できない。

帰り道。

トリル「そんな通帳自体、幻じゃないの?
   あったとしても、宵越しの金を持たないアナタが、
   一万も通帳に残すかね?」

夫「・・・いや、それくらいあったと思うんだよ。
  バブルにひっかかってるし、利息がいっぱいついてたりして♪」

いやー、ATMで千円単位まで下ろせるだけ下ろして、
端数を放置と見た。
賭けてもいいぞ。きっとあっても利息込みで二千円くらいだ。

それから3週間位したあと、結果が郵送されてきた。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。