FC2ブログ

プロフィール

トリルMM

Author:トリルMM
30代で発病 女性
2006年5月に膠原病である
「成人スティル病」を発症。
現在、寛解中。
体質改善に励んでいる。

スティルの細かい入院記録は
カテゴリー「スティル病」に。
スティルの経過ダイジェストは
カテゴリー「スティル記録」に
掲載しております。


カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
脳梗塞になった父は今、病院でリハビリをしている。
リハビリの様子は見たことがないけれど、
尋ねて行くと、車イスをこいで新聞を読みに行ったり、
杖で歩いたりしている。

リハビリの技術ってすごい・・・
手と足では、指導者が違うらしい。
知らなかった。
手の方が深刻なのだけれど、動かない左手で
タオルに洗濯バサミをはさむ訓練をしている。

土曜日に外泊で家に帰ってきた。

杖をつき、ヨロヨロだけど自力で歩く父。

介護保険を申請するために、書類を作った。
というか、私は家の写真を撮っただけなんだけど。
風呂、トイレ、家の中と外の段差などを中心に撮る。
家の図面などは、母が描いた。

古い家で、段差が多い。
築百年には多分満たないけど、もうすぐかな。

昔から色々改造をしていたようで、
タンスをどけると、謎のドアもある。
そこには以前、ほとんど寝たきりの病人がいて、
その人用のトイレを臨時に作ったらしい。
もちろん水洗ではない。

係累か何かよくわからないが、居候?の人もいたらしい。
何でわからないのに居候してるんだ。誰なんだ。
面白いので詳しく聞きたかったけど、
父が産まれる前の話なので、
祖父にちらっと聞いたことがあるだけとか。

実は不気味すぎて入れない部屋もある。
丸窓ひとつの・・・物置だったならいいけど・・・
そんな環境。

話がそれたけど、段差のことに戻すと、
大人の手をいっぱいに広げた以上の段差がいくつかある。

健常者には何ともないけど、父や老人にはかなりキツイ。
杖がすべったらケガをするかもしれない。

引き戸のレールも一部、床に水平になっていなくて、
ちょっとした段差になっている。

新築の家は、年を取ったときのことを考えて
バリアフリーを提案されるようだけど、
この古い家は、玄関に入るまえのアプローチからすでに
車イスには難関である。

壁も少ししかなくて、引き戸ばっかり。
これでは手すりがつけられない。
風呂もトイレも壁がタイルだし、建物自体ももろくなってるだろうし、
手すりをつける強度はないだろうね、と話し合った。

風呂桶もめちゃくちゃ深いし、危ないなー。

父がお風呂に入るときに、
「危ないから見てるよ」と声をかけたが
「大丈夫だ」と追い払われた。

しかし骨でも折ったら、頭でも打ったら・・・と思って、
食事を作っている合間に、
たびたび変態のようにドアをちょっと開けて見た。

やたら手伝ってもいけないと言われている。
父は脱衣も体拭きも着衣も全部自力でやった。

「さすがスパルタリハビリの病院」と感心したら
「違う、オレががんばってるんだ!
 誰もオレのことを褒めないけどな!」
と機嫌を悪くしていた。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。